180馬力のフォードフィエスタ お金に糸目をつけない本気の人にぜひ!!!

2016年のフォード撤退まで日本でも販売されていたフォード フィエスタ。日本車でいえばフィット等と同クラスのコンパクトカーにあって、僅か1.0Lの小排気量ターボエンジンから繰り出されるパワフルさには定評があり、フォードのなかでも日本に適したモデルとして地味ながらも存在感のあるモデルだった。

そのフィエスタになんと1Lターボで180馬力を絞り出す韋駄天が存在する。実は、この車、ラリー競技で使われる規定に基づいて作られたものなのだが、意外なほど市販車に近く、そして走らせて楽しい“ホットハッチ”に仕上がっているという。

文:ベストカーWeb編集部/写真:編集部、M-SPORT


車重僅か約1tで180馬力のフィエスタ R2

180馬力のエンジンで武装したコンペティション仕様のフィエスタ。リアには、その証明である「R2」のネームが刻まれている

フィエスタ量産車仕様の搭載エンジンは1L直列3気筒ターボの「エコブースト」で最高出力100ps、最大トルク17.3kgmを発揮。

この数値を見ても、さほどパワーが傑出しているわけではないが、実際に乗るとスペック以上にトルクフルで、パンチ力のある走りが発売当時話題となった1台だった。

実は、そのフィエスタと同様のエコブーストエンジンをベースに、僅か1Lという排気量ながら最高出力180馬力を発揮する韋駄天が存在する。それがフィエスタ「R2」だ。

R2とは、FIA(国際自動車連盟)が定める「グループR」という規定に沿って作られたマシン。WRCなどのラリーでも、このフィエスタのほかプジョー208等のR2マシンが活躍している。

このように書くと「なんだラリー車か」と感じるかもしれないが、さにあらず。実はこのR2という車、改造範囲が限定され、かなりノーマルの市販車に近いのだ。

量産車からの変更点は、主にエンジン、トランスミッション、足回りの3つ。

エンジンは、量産仕様からピストン、コンロッド、カムシャフト等をアップグレード。日本導入モデル比で80馬力、最大トルクも約8kgmほど増大させている。しかも車重は1t足らずと軽量だ。

そして、トランスミッションは6速のデュアルクラッチから競技用の5速シーケンシャルへと変更。

足回りには、モータースポーツシーンで定評があるライガー社製のショックアブソーバー、アイバッハ社製のスプリングを採用し、ブレーキもアルコン社製のものに改められている。

ほかにも、ロールケージが組み込まれるなどの変更はあるものの、WRCの優勝争いを繰り広げるヤリスなどのWRカーが、市販車とは「別物」であるのと比べれば、「量産車ベース」であることがおわかりいただけるだろう。

では、実際に乗ってみるとどうなのか? WRCドイツでフィエスタ R2を走らせた自動車評論家の国沢光宏氏に聞いた。

最大の違いは2.5L級の分厚いトルク

WRCドイツを走る国沢氏のフィエスタ R2。最大トルクは250Nmと2.5L、NAエンジン級だ

まず、注目の180psを発揮するエンジンは、中回転域から高回転域の手前まで広くトルクが出ているというイメージ。

ラリーでのドライバビリティを確保するための味付けなのだろう。低回転域のトルクが薄く、1Lという小排気量でトルクをしっかり出してやろうとすれば、高回転まで引っ張っても意味がない。

それゆえ、ワイドなギア比の5速シーケンシャルと相まってトルクバンドが広いエンジンに仕上がっている。

そして、足回りが凄く良い。思いのほか“動く足”で、サスペンションはきちんとストロークする。サーキットを走るような「ガチガチに固められた足」ではなく、車両は適度にロールするので乗り心地も想像以上に良い。

ノーマルのフィエスタと比べた時の最大の違いは、やはりトルクの厚み。

ラリー車なので乗るには相当度胸が要るけれど、車を好きな人にぜひ乗せてあげたい。それだけ走らせると楽しいです。

気になる価格は? 日本に持ってこれる?

こちらは日本に導入されていた量産車のフィエスタ。1Lターボと思えないトルクの厚みには定評があったが、フォード撤退後の今、中古車市場はかなり魅力的な相場となっている

さて、このフィエスタ R2はMスポーツにより販売が行われ、価格はベースとなるロードカーのフィエスタに専用チューンのエンジンなどR2のキットを組み込んだパッケージ価格で5万4980ユーロ(約695万円)。

日本では販売されておらず、仮に持ってきてもナンバー取得など難しいのが現状だが、ラリーの腕を磨くにはうってつけの素性の良さは折り紙付き。

フォードの日本撤退により、正規に買えなくなってしまったフィエスタだが、「ノーマルのフィエスタをいじれば、(R2に近い)ああいう雰囲気になるかも。フィエスタの中古車は今、かなり安く手に入るし、そういった意味でも魅力的」と国沢氏。

フィエスタ R2という“ホットハッチ”は、ラリー車両としても、自動車ファンにとってもホットな存在の1台だ。

サイズを考えるとヴィッツGRとほぼ同じ。あちらは1.5LのNAで109psで229万2840円だ。いっぽうこのフィエスタR2は180psで約695万円。その差は約3倍。「それでもこっちのほうが断然いい!」という人はいるはずだ!!

■フォード フィエスタ R2 主要諸元
・全長×全幅×全高:3982×1695×1481mm
・ホイールベース:2490mm
・車重:1030kg
・トランスミッション:5速シーケンシャル
・エンジン:直列3気筒ターボ、999cc
・最高出力:180ps/6200rpm
・最大トルク:250Nm/4000rpm
・価格:5万5980ユーロ/約695万円(Mスポーツ発表価格)

最新号

ベストカー最新号

【次期フェアレディZ誕生へ】日本車 2020年期待の星|ベストカー12月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、伝統のある日本車のビックネームであるフェアレディZとパジェロの次期型情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、日本車2020年期待の星、GR SPO…

カタログ