【バス会社の歴史】東野交通は栃木の要! 県民になくてはならないインフラだった 

宇都宮市域と那珂川流域の町を結ぶ東野交通 那須高原の観光施設にもアクセス

 ひとつのバス事業者を掘り下げて紹介する、バスマガジンの名物コーナー、バス会社潜入レポート。今回は2017年に遡って、9月発売号で掲載した東野(とうや)交通編を振り返って紹介する。

 東野交通は宇都宮市に本社を置き、栃木県の東部・北部をエリアに、路線バス、貸切バス、特定バスを営業。エリア内と新宿・羽田空港を結ぶ高速バスも運行している。

 また索道事業として、那須ロープウェイの営業を行っている。2016(平成28)年12月からみちのりホールディングスの傘下に入り、県内の関東自動車とグループ会社となった。

(記事の内容は、2017年9月現在のものです)
構成・執筆・写真/加藤佳一(B.J.エディターズ)
※2017年9月発売《バスマガジンvol.85》『おじゃまします! バス会社潜入レポート』より
(東野交通特集 その1)

【画像ギャラリー】東野交通バスが走る風景と所有するバスを詳しく見る! バス会社潜入レポート・東野交通:編[1](16枚)画像ギャラリー

■宇都宮地区では生活路線を拡充 那須高原では観光客の足を担う

●JR宇都宮駅

JR宇都宮駅の西口では14・15番乗り場を使用。宇都宮東武と真岡・益子・卸団地・岡本駅方面を結ぶ路線が発着している

 東野交通は1916(大正5)年2月に設立された東野鉄道を前身とし、鉄道が全廃された翌年の69(昭和44)年6月に現在の社名となった。2016(平成28)年2月には創立100周年を迎えている。

 この間、60年代に東武鉄道の関連会社となったが、16年12月にはみちのりホールディングスの傘下に入り、新たなスタートを切った。

 事業の主軸が鉄道からバスに移行しつつあった50年代、本社を黒羽町から宇都宮市に移転。現在の本社は宇都宮市の平出(ひらいで)工業団地にあり、営業拠点は本社営業所と真岡(もおか)車庫、黒磯営業所である。

 このほか西原、益子(ましこ)、馬頭(ばとう)、黒羽の各車庫にも車両が駐在している。乗合バス営業キロは711.5km、従業員数は160人となっている。

●宇都宮東武

東武宇都宮駅前にある東野交通のバスターミナル。2kmほど離れた西原車庫とともに東野バス路線の西側の起終点となっている

 本社営業所・真岡車庫の所管路線は主にJR宇都宮線と真岡鐵道の間に広がり、東武宇都宮線沿線にも足を延ばしている。近年はJR岡本駅西側の住宅地や平出工業団地で路線の拡充が図られ、大型商業施設のベルモールへの乗り入れも行われている。

 半面、喜連川(きつれがわ)・馬頭地区では沿線環境の変化を踏まえ、宇都宮地区に直通していた路線がJR氏家駅発着に短縮されている。

 今後、宇都宮市の東部にはLRTの建設が予定されており、グループ会社となった関東自動車と協力しながら、地域に根ざしたきめ細かなバスサービスを提供することが期待されている。

 一方、黒磯営業所の所管路線は大田原地区と那須高原地区に二分される。

 大田原地区は西那須野~黒羽~小川間で鉄道を営業していた同社発祥の地であるが、鉄道廃止後の70年代には沿線の過疎化が進行。生活路線の多くが廃止され、一部は自治体の自主運行バスによって代替された。

 このうち、大田原市営バスは市町村合併などにより規模が拡大。東野交通との競合も見られるようになった。このため、13(平成25)年には東野交通と市が協調して路線を再編。東野交通の大田原市内区間は市営バスと運賃が統一された。

 那須高原地区は那須温泉・那須ロープウェイや板室(いたむろ)温泉にアクセスする観光路線が中心。黒磯駅を起点として開設され、東北新幹線開業後は那須塩原駅に乗り入れている。マイカー利用者の増加が続いてきたが、近年は若年層のマイカー離れなどを背景に、シーズンには多くの観光客で賑わっている。

次ページは : ■高速バスは羽田空港と新宿へ 貸切事業は傘下の2社と分担

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ