愛車に15年無故障で乗り続けたいならやったほうがいいこと

愛車に15年無故障で乗り続けたいならやったほうがいいこと

 近年のクルマは、本当に故障が少なくなった。故障が少なくなったことで「ちょっとくらいメンテナンスしなくても大丈夫」と根拠もなく思い込んでいる人もいるようだが、メンテナンスをしなくていい、というわけではない。全くメンテナンスをしなければ、重大な事故を引き起こす原因にもなるし、大切な愛車の寿命を縮めてしまうことにもなる。

 「10年10万キロ」がクルマ買い替えの目安ともいわれているが、メンテナンスをしっかりしていれば、もっともっとクルマは元気に走ってくれる。新車購入して15年、無故障で乗り続けるためにやってほしい、クルマのメンテナンスをいくつかご紹介しよう。

文:立花義人、エムスリープロダクション
アイキャッチ写真:Adobe Stock_pathdoc
写真:写真AC、Adobe Stock

【画像ギャラリー】写真で解説!! 愛車に15年無故障で乗り続けるためにやってほしいこと(9枚)画像ギャラリー

オイル交換は必須!!

 クルマにとって、エンジンオイルは、人間にとっての血液と同じ。どろどろの血液では、人間が病気になるのと同様、汚れたオイルのままではクルマに不具合をもたらし、最悪の場合、故障してしまう。

 オイル交換のサイクルは車種によって異なるが、ガソリン車のノーマルコンディションで1万km〜1万5000kmごと、ターボ車、ディーゼル車で5000km〜10000kmという指定が多い。JAFでもそのように推奨されている。昔のクルマよりも、随分長いサイクルでよいことになってはいるのは、エンジンオイルの耐久性が向上したため。まさに技術の向上の恩恵によるものだ。

 しかし、「シビアコンディション」の場合は、交換サイクルは短くすることが推奨される。シビアコンディションとは、悪路や雪道、山道や登降坂路での走行が多い場合や、年間走行距離が多い(2万km以上など)場合、また多人数乗車や荷物をたくさん積載しながら走ることが多い場合、そして、短距離移動やアイドリングが多い場合などだ。

 「シビアコンディション」ときくと、クルマに負担がかかる使い方を思い浮かべがちだが、クルマにとっては「ちょっとそこまで」もシビアコンディションとなることは知っておいてほしい。

 また、クルマのエンジンは、メーカー純正オイルを使用する前提で開発されているため、交換するオイルも、メーカー純正オイルを使っておくと安心。最近の低燃費エンジンは、オイルによって性能が左右される場合もあるし、メーカー純正オイルを使用していれば、万が一のトラブルの際、保証期間内であれば保証の対象となるためだ。

 エンジンオイルは、交換時期を超えてしまうとすぐにエンジンの調子が悪くなるというわけではない。それだけに先延ばしにしがちではあるが(気持ちはわかる)、長く乗り続けるためには必須。定期的な交換を意識してほしい。

オイルは、時々はゲージを抜いて量もチェックしよう(PHOTO:AdobeStock_Piotr)

タイヤは溝だけでなく空気圧もチェック!!

 タイヤは、摩耗具合やひび割れていないか、という見た目の確認も重要だが、空気圧チェックも重要なポイント。タイヤの空気は自然に抜けていくため、定期的な確認が必須だ。

 タイヤは空気圧が低いとハンドルが取られて走行安定性が悪くなるうえに、接地面積が増えて路面抵抗が増し、燃費も悪化する。最悪の場合はバーストしてしまう危険も。また、空気圧が高すぎても、タイヤが偏摩耗し、タイヤの性能を100%引き出すことができず、振動や騒音などの原因になる。

 クルマのタイヤは適正な空気圧がメーカーによって決められており、大抵は運転席のドアを開けたところに記載されている。エアゲージはそれほど高価なものではないので一つ持っておくと便利だし、ガソリンスタンドでは無料点検などを行ってくれる場合もあるので、遠慮なく活用してほしい。

次ページは : ほかにも、ここはチェックしてほしい

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ