タイでもカローラクロス大ブーム!! 迎え撃つホンダが投入した意外な車種とは!?


 タイには、自国量販ブランドはないものの、日本メーカーを中心に多くの自動車メーカーが工場を持ち、東南アジアのマーケット向けの乗用車を生産している。さらにEVの生産などでここのところ注目を集めている。

 そんなタイの街角を多くの日本車が走行している。タイでは販売の約9割が日本メーカー車という状況で、2020年デビューのカローラクロスが人気を集めている。

 日本に先行してカローラクロスのGRスポーツが発表されるなどSUV人気を集めているこの国では、トヨタに対抗してホンダや中国、韓国メーカーがSUVを投入してしのぎを削っている。その販売現場をレポートする!

文・写真/小林敦志

【画像ギャラリー】タイはアジアの激戦区!! 日本・中国・韓国がしのぎを削る自動車トリプルスレットマッチ!!(6枚)画像ギャラリー

■タイでも大ヒットのカローラクロス

タイでは2020年7月にデビューしたトヨタ カローラクロス。日本国内モデルとはフロントフェイスが異なる。写真は日本に先行して登場したGRスポーツモデル

 2022年3月に、およそ3年ぶりにタイの首都バンコクを訪れた。そして、大通りで通り過ぎるクルマを見ているとトヨタカローラクロスがとにかく多く走っていることに驚かされた。日本でも大ヒットしているカローラクロスであるが、ここタイでの大ヒットぶりもハンパではないことになっていた。

 タイでトヨタカローラクロスがデビューしたのは2020年7月となり、これがワールドプレミアにもなった。その後、日本だけでなく、ASEAN諸国、アメリカ、中南米、中国など世界各国でリリースされている。

 タイにおけるカローラクロスは、いわゆる“グローバルフェイス”と筆者は呼んでいるが、広く世界市場で採用される顔つきとなっており、日本仕様とは顔つきが異なっている。

 ちなみに日本仕様の顔つきは、中国での合弁会社のひとつ“広汽豊田(広州トヨタ)”にて生産される、現地ではカローラクロスの兄弟車となる、“鋒蘭達(フロントランダー)”と共通になっている。

 タイの地元事情通によると、「カローラクロスはデビューした時に、タイでヒット間違いなしだと思いました。雨季の道路冠水でも最低地上高が高いので安心ですし、ラゲッジルームが広いことなど使い勝手も良いですからね。とにかくジャストサイズなところが良かったですね」と語ってくれた。

 2017年12月にタイでC-HRがデビューすると、やはり大ヒットとなり、バンコク市内で多数目撃することができた。

 トヨタの現地法人である“トヨタ モーター タイランド”のウエブサイトを見ると、車種ラインナップ紹介のカテゴリーに“SUV”はなく、C-HR、カローラクロスともに“パッセンジャービークル”として、カローラアルティス(セダン)、カムリ、GRスープラなどと同じカテゴリー分けとなっている。

 タイでトップの販売シェアを誇るトヨタだが、都市向けクロスオーバーSUVのラインナップはC-HRとカローラクロスの2台だけとなっており、満を持してC-HRより実用性が高く、地元事情通にいわせれば「サイズが調度よい」とされるカローラクロスが、C-HRを上回る大ヒットとなったようである。

 タイ国内でのカローラクロスは全4グレード設定となり、そのうち3グレードはHEV(ハイブリッド車/残り1グレードは1.8Lガソリン車)となっているので、販売の中心はHEVとなっている。

カローラクロスを猛追するホンダHR-V。日本のヴェゼルにあたる

「ライバルがいないからよく売れているのでは」と思う人も多いかもしれないが、先代では、C-HRと比べるとHEVの設定がなかったこともあり、C-HRに人気で及ばなかったHR-V(日本での初代ヴェゼル)をホンダはタイでラインナップしている。

 そして、タイでは2021年11月に2代目(日本での2代目ヴェゼル)がデビューしており、いまのところ新型HR-Vがカローラクロスを猛追している。

 ちなみにHR-Vは“e:HEV”のみの設定となっている。日産系ではカローラクロスに相当するモデルはラインナップされていない。

 マツダはクロスオーバーSUVを多くラインナップしているのだが、ブランドとしてはトヨタやホンダなどと同列というわけでもなく、消費者の間では“頭ひとつ”上のようなイメージづけとなっており、“感度の良い”都市在住者にマツダブランド全体がよく売れているとのことである。

 筆者は、HR-Vは2代目ではHEVのみのラインナップとなっているし、今後はカローラ クロスとの販売バトルが激しくなっていくのではないかと考えている。

次ページは : ■タイ市場で受け入れられつつある中韓メーカー

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ