オープンモデルをなんと呼ぶ? 初期の流麗なスタイルを受け継いだアルファ・ロメオ スパイダー【いのうえ・こーいちの名車探訪】

オープンモデルをなんと呼ぶ? 初期の流麗なスタイルを受け継いだアルファ・ロメオ スパイダー【いのうえ・こーいちの名車探訪】

 オープン・モデルを表わすことばはいろいろある。カブリオレをカブリオというところもあるし(例:VWゴルフ・カブリオ)、ロードスター、コンヴァーティブル、ドロップヘッド・クーペ、「エアロキャビン」なんていうのもあったなあ(例:ソアラ「エアロキャビン」)……

 そんななかで「スパイダー」というと、やはりアルファ・ロメオを思い出してしまう。

 いや、スパイダーというのはイタリアで多く用いられているもので、たとえばルーフ部分だけが脱着できる「タルガトップ」もスパイダー(例:ディーノ246GTSのSはスパイダーの頭文字)と呼んだりする。

 その誕生過程から、ロードスターはサイド・ウィンドウがないオープン中心、カブリオレやコンヴァーティブルなどは耐候設備のよい両用タイプなどとかつては分類されていたが、最近は入り乱れていろいろな呼び名が交錯している。

 今回は代表的なアルファ・ロメオ、それもジゥリア・シリーズのスパイダーを採り上げよう。

文、写真/いのうえ・こーいち

【画像ギャラリー】「ああ、オープンカーね」「いいえ、スパイダーです」!! 伝統のオープンモデル、アルファ・ロメオ スパイダー(7枚)画像ギャラリー

■スパイダーの誕生はショウモデル

アルファ・ロメオ スパイダーの初期モデル「デュエット」

 アルファ・ロメオの人気モデルは1960年代に発表されたジゥリア・シリーズと呼ばれるクーペだ。ジゥリア・スプリントGTという正しい名前は知らなくても、張りのあるクーペ・ボディのスタイリングはクルマ好きなら必ずや記憶に残っているだろう。

 同じエンジン、同じフロアシャシーを使って、いろいろなボディ・スタイリングを架装していくのは、歴史的にカロッツェリアというボディデザイン、制作工房が発達していたイタリアの特徴でもある。クーペを中心に、4ドア・ベルリーナ(サルーンのイタリア語)、スパイダーなどヴァリエイションを広げていく。

 そのカロッツェリアはさまざまな先進的ショウモデルをつくって、デザインの方向性を提案したりした。イタリアのトリノ・ショウはそうした発表の場として知られていた。

 カロッツェリア・ピニンファリーナが1961年のトリノ・ショウに展示した「エアロ・ダイナミカ」というモデルは、空気をダイナミックに貫く流れるような未来的スタイリングで、大きな話題になっていた。

 そのスタイリングをモティーフに、2座スパイダー・モデルとして1966年に登場したのが、われわれのよく知る「スパイダー」の最初のモデルになった。

 最初のジゥリア・シリーズのスパイダーは1.6Lエンジンを搭載、テール部分が丸い「ボートテール」が特徴であった。シャシーは2シーターということで短くされ、クーペの2350mmのホイールベースが2250mmとなっていた。

 それでいて全長は4250mmというのだから、伸びやかで優美なスタイリングであることが解る。スパイダー「デュエット」というネーミングであった。

■クーペに倣ってチェンジ

アルファ・ロメオ スパイダーの初期モデル「デュエット」

 このアルファ・ロメオ「スパイダー」はいくつものチェンジを繰返しつつ、じつは1990年代まで長寿を保った。

 その間、ジゥリア・シリーズの変遷に伴ってエンジン排気量を拡大するなどしたのだが、ベースたるジゥリアのクーペ・ボディは1970年代後半にフェードアウトしてしまっていたから、スパイダーはジゥリア・シリーズの最生き残りのようにいわれ、クラシックな味わいも人気のポイントになったりした。

 まずは佳き時代のスパイダーの移り変わりを紹介しておこう。1967年、ジゥリア・シリーズは新しい「1750」エンジンを搭載してアルファ・ロメオ1750GTVになる。

 この数字は戦前レースで大活躍したモデルに由来する拘りの数字で、1779ccだから本当なら1.8Lと書けばいいものを、わざわざ「1750」とするあたりもイタリアらしいところだ。

 早速スパイダーもこのエンジンを搭載され、1750スパイダー・ヴェローチェになる。つづいて1969年には特徴的だったリアエンドが、スパリと切り落とした「コーダトロンカ」スタイルに変更される。全長も4120mmに短くなり、きびきびした印象に変わった。

 また1968年からは1.3Lエンジン搭載のスパイダー1300ジュニアが加えられ、以後スパイダーは二本立てで生産がつづけられる。

 1971年にふたたびエンジンを拡大、2.0Lになったのを受けてスパイダー2000ヴェローチェにチェンジ。「ヴェローチェ」とは速いの意味のイタリア語で、高性能版によく使われている。

 さまざまの規制が実施された1970年代だったが、ほとんどのオープンモデルが消滅するなかで、アルファ・ロメオのスパイダーは佳き時代のスタイリングを保ちつつ、生産をつづけた。

次ページは : ■長寿のスパイダー

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ