10年前から激変!? N-BOXとアルトにみる軽自動車の進化&全方位検証 10選

10ポイント比較で分かる! 軽自動車の10年前と今の進化度

 2021年には、国内で新車として売られたクルマの37%を軽自動車が占めた。軽自動車は、最も多く販売されているカテゴリーだ。

 今は全高が1700mmを上まわり、スライドドアを装着するスーパーハイトワゴンと呼ばれるタイプが高い人気を得ている。4名で快適に乗車できて、後席を畳むと自転車も積めるから、ファミリーでも使いやすい。新車として売られる軽乗用車の50%以上がスーパーハイトワゴンだ。

 スーパーハイトワゴンの先駆けは、2003年に発売された初代タントだが、販売を急増させるきっかけになったのは、2011年の末に登場した先代(初代)N-BOXだ。2012年の届け出台数は1カ月平均で1万8191台だったが、2012年には1万9583台に増えて、市場に定着していった。

 2017年に発売された2代目の現行N-BOXは、最近の新型コロナウイルスによる影響で苦戦するが、コロナ禍前の2019年には1カ月平均で2万108台を届け出した。先代型からの乗り替え需要もあって販売は好調だ。

 また軽自動車では「低燃費と低価格」を特徴とするタイプも人気で、アルトは1979年に初代モデルを発売して以来、代表車種として好調に売られている。

 そこでN-BOXとアルトについて、現行モデルと、10年前(2012年)に販売されていたタイプを比べてみたい。10年前のN-BOXは、2011年に登場した先代型で、アルトは2009年から2014年まで売られていた2世代前の先々代型になる。

文/渡辺陽一郎、写真/HONDA、SUZUKI

【画像ギャラリー】内外装の質感が大幅アップ!! N-BOX・アルトの現行モデルと10年前のモデルを写真で比較(31枚)画像ギャラリー

居住性と積載量が向上!! 10年前よりも使い勝手さ抜群に!!

比較1:ボディサイズとエンジンの排気量

 現在の軽自動車規格は,1998年に施行され、その後は変わっていない。従って10年前も現在も、N-BOX、アルトともに、全長は3395mm、全幅は1475mm、エンジン排気量は660ccで共通だ。これは軽自動車規格いっぱいのサイズだから、もはや拡大できない。

 「変化がない」と表現すると欠点のように思えるが、軽自動車規格が変わらないから、小型/普通車と違って、フルモデルチェンジを行ってもボディを拡大せずに済んでいる。これは軽自動車が人気を高めた理由でもある。

*変化度数:0点(採点は10点を満点にしています)

比較2:内外装のデザインと質感

インパネとドアトリムにネイビーカラーを採用し、質感を高めた現行型アルトのインテリア。ドライバーから手の届く位置に収納スペースを豊富に設置して利便性も向上

 N-BOX、アルトともに、10年前に比べて内外装の質を高めた。N-BOXは、先代型の高人気によって好調に販売できることが実証され、現行型は高いコストを費やして開発されている。

 またN-BOXを始めとするスーパーハイトワゴンの好調な販売により、軽自動車の質感に関する平均水準が高まり、アルトも10年前に比べると内外装が上質になった。10年前に売られていた2世代前のアルトは、安さを重視している印象が強かったが、先代型で少し改善され、現行型では質感を大幅に引き上げた。

*変化度数:6点

比較3:居住性や積載性

 N-BOXは、先代型の時点で車内の広さを追求していた。従って室内空間はほぼ同じだが、現行型になってシートアレンジは進化している。先代型を発売した時点では、後席にスライド機能が備わらず、マイナーチェンジで追加すると床が高まった。

 それが現行型では、後席に左右分割式のスライド機能が最初から装着され、荷室の床面地上高も470mmと低い。荷物を出し入れしやすく荷室の使い勝手を向上させている。

 アルトは後席の快適性を大幅に高めた。身長170cmの大人4名が乗車したとき、10年前に販売されていた2世代前のアルトでは、後席に座る乗員の膝先空間が握りコブシ1つ少々だった。

 それが現行型なら2つ半に達する。SUVの後席に当てはめると、10年前のアルトの膝先空間はヤリスクロスと同等だったが、現行型はハリアーに近い。4名乗車時の快適性は大きく向上した。

*変化度数:8点

次ページは : 燃費性能&先進安全装備が大幅にバージョンアップ!! 気になる価格の変化はいかに

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ