先進技術の始祖を探る! 「はじめの一歩」を印したクルマたち

先進技術の始祖を探る! 「はじめの一歩」を印したクルマたち

 自動車の歴史は発明の歴史。100年以上前に自動車が生み出されて以来、現在に至るまでにいくつもの革新的な自動車が登場してきた。なかには残念な結果に終わったモデルもあるか、自動車業界の変革につながるエポックメーキングなクルマもまた多い。

 今回は、その革新性において後の自動車業界に多大な貢献を果たしたクルマたちを紹介していこう。

文/長谷川 敦、写真/メルセデスベンツ、フォード、トヨタ、ホンダ、FavCars.com

【画像ギャラリー】あの技術がなければ今がなかった! 先進技術のパイオニアを探る(13枚)画像ギャラリー

これぞ天下の大発明!? ガソリン自動車はドイツで誕生! 「ベンツ パテント・モトールヴァーゲン」

先進技術の始祖を探る! 自動車業界に大貢献したクルマたち
世界初のガソリンエンジン自動車ベンツ パテント・モトールヴァーゲン。写真は全25台製造された“当時モノ”ではなく、後年になって製作されたレプリカ車

 19世紀に入ると蒸気機関が世界各国で本格的に使用されるようになったが、この機関を使用した自動車は1769年にすでに誕生していた。それがキュニョーの自動車だ。だが、蒸気機関は大きくて重く、鉄道には適していても街中を走る自動車には不向きだった。

 そうした問題を解消するため、蒸気機関の改良や電気自動車の模索なども行われた。そんななか、ドイツ人のニコラス・アウグスト・オットーは石炭ではなく石油を精製して作られたガソリンを利用する4サイクルエンジンを作り上げ、1877年に特許を取得した。

 この4サイクルエンジンに可能性を見出したのがドイツ人技術者のカール・ベンツだった。ベンツはオットーの特許が無効になっていることを確認すると、幾多の困難を乗り越えて軽量なガソリンエンジンを完成させ、3輪の車体に搭載した。これが世界初のガソリンエンジン車であるパテント・モトールヴァーゲンだ。後に、ベンツの会社はオットーの下で技術者として働いていたゴットリープ・ダイムラーが興した自動車販売会社と合併し、ダイムラー・ベンツが誕生する。

 パテント・モトールヴァーゲンの完成は1886年。ここからガソリンエンジン車が自動車の主流になっていくのはご存じのとおり。現在でもガソリンエンジン車が最もポピュラーだが、排気ガスを出さないBEV(電気自動車)やFCV(水素自動車)の攻勢が始まっているのも事実。100年以上続いたガソリンエンジン車の時代がついに終わろうとしているのかもしれない。

大量生産で自動車の普及に大きく貢献「フォード T型」

先進技術の始祖を探る! 自動車業界に大貢献したクルマたち
1908年に発表されたフォード T型。当初は3色あったボディカラーも、生産効率を高めるため最終的にブラック1色に絞られた。シンプルな設計も特徴のひとつ

 一部の少数生産モデルを除き、自動車の組み立てが流れ作業で行われているのは広く知られている。効率良く製造を行えるこの方法を世界で初めてクルマの組み立てに取り入れて販売価格を抑え、なおかつ大量供給を可能したモデルがアメリカ・フォードのT型だ。

 1908年、新興自動車メーカーのフォードモーターは、新型のモデルT(T型)を発表する。このT型は、当時としては高い部品精度を確保し、組み立て時の調整を省力化すると同時に新素材の積極的な活用などによって高性能を実現していた。さらに競合他社のモデルに比べて安価なことから、驚くほどの速さで販売実績を伸ばしていった。

 この状況を見たフォードは、自社のモデルをT型のみに絞り、大量の発注に応えるためにベルトコンベアを使った流れ作業による組み立てを導入することを決定。自社の工場を流れ作業に対応できるよう増改築して、ついには月産2万台強を達成するのである。

 T型フォードは1927年までに1500万台以上の売り上げを計上したが、これは後にフォルクスワーゲン・ビートルに破られるまで世界最高記録であった。なお、現在でも単一車種としては世界歴代2位の販売記録を誇っている。今日の自動車生産方式はフォード T型にルーツがあるのは間違いなく、その意味ではこのT型もまた、自動車業界への貢献度大と言える。

次ページは : シフトチェンジ不要の楽々ドライブ「オールズモビル 1940年型」

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ