フィアット500eとホンダeの売れ行きに大差! 要因はデザインにあり?

同じカワイイ丸目系なのにこの大差はナゼ!?  フィアット500eとホンダeの売れ行きの差はデザインにあり?

 2020年8月にホンダの初EV「ホンダe」が登場し、約2年が経過した。丸目デザインのライト、シンプルかつ美しいフォルムで、デザイン性も高いモデルだ。しかし、航続距離の短さ、価格の高さなどにより、あまり販売が良いほうに振るわなかった。国内ではなく、欧州を中心に販売するという販売戦略だったが、2021年の欧州における販売台数は3752台と、惨敗した。

 いっぽう、同じ丸目デザインのライトを持つ「フィアット500e」は、欧州での販売が好調。2021年では、4万4334台を売り上げている。日本では、2022年6月にリース契約であるものの、販売開始されるとあって、期待が高まる。

 そこで、本稿では、同じ丸目デザインのライトを持ち、主戦場を欧州とする「ホンダe」と「フィアット500e」を中心に販売台数の大差について解説する。この差をひも解くカギは、「デザイン」にあり??

文/清水草一、写真/HONDA、MAZDA、ステランティス

【画像ギャラリー】独創的なスタイルの3台のEV「ホンダe」「フィアット500e」「MX-30 EV」をギャラリーでチェック!(23枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン深掘り&注目4モデルの12連発試乗記!! ベストカー9月10日号

注目が続く新型クラウン。もっと情報を知りたい!という人向けへの「クラウン深掘り」企画。これがベストカー9月10日号の一番の目玉。さらに、その新型クラウンの第5のボディ、クーペの情報や、「SUVにしますか、ほかのタイプにしますか?」という特集も見逃せません!

カタログ