来ちゃったぜ梅雨!! 1000円以下でイケる撥水メンテ術


 今年もいや~な季節がやってきた!! すでに梅雨入りしている地域もあり、しばらくは雨模様が続いてしまう見込みだ。

 そして梅雨の時期の運転はかなり神経を使うモノ。ワイパーだけでは追いつかない雨の時は前方確認がかなり難しくなってしまう。つい忘れてしまいがちな撥水加工を、今年こそは行いたいところ。

 そこで今回は、アンダー1000円で試せる撥水術を伝授!! ちなみに今回ご紹介する技は、かなりケチな方法。お金をかける方法もあるが、今回は安く済ませる方法を一緒ご紹介!!

文/近藤暁史、写真/AdobeStock

【画像ギャラリー】デカすぎ……ガラスが大きくて撥水加工するのに苦労するクルマたち(8枚)画像ギャラリー

■曇り防止はエアコンが必須!! 乾燥嫌いなら石鹸水で拭くべし

 梅雨時ともなると雨が降り続いて、運転に気を使うことも多い。最近では梅雨が明けても、夏や秋にもゲリラ豪雨が襲ってくるから油断はできないのだ。大雨の中を走ると、ワイパーをひたすら作動させても周囲の確認が難しくなることもよくある。となると、視界確保が重要だ!!

 ワイパーの動きや働きをアシストするのがカギとなるのだが、その前に視界確保の基礎について触れておこう。まず大量の湿気を除去するためにはエアコンは必須で、使わないと内側が曇って視界は劣悪になるばかり……。

 拭いても拭いてもドンドンと曇ってくるので、エアコンを使わないというのはかなり厳しい。ただ、女性を中心にしてエアコンを使うと乾燥するからイヤだという声を聞く。そのときは曇り止めを使用するのが正攻法。

 また、手元にない場合も含めての裏ワザとしては、薄い石鹸水を作ってタオルに含ませて塗るというか拭くと、界面活性の関係で曇りを防止できるので試してみてほしい。

■超当たり前だけどデフロスターの有効活用を! リアはこまめな掃除がキモ

フロントガラスの曇りを除去してくれるデフロスターはこの時期にピッタリの機能!!

 そして曇り止め対策で重要な機能がデフォッガーだ。デフロスターとも呼ばれるが、それぞれ霧や霜を取り除くという意味で、フロントだけでなく、リヤにも付いている。ちなみにリヤデフと訳されることもあるが、もちろんリヤディファレンシャルではないのであしからずだ。

 リヤの場合は熱線で暖めて曇りを蒸発させ、フロントの場合は外気をガラス下から吹き出すことで外気温と車内温度の差を無くてして曇りを除去する。曇りとは温度差によって発生する細かい結露なので、外気導入にすれば解消はできる。また汚れを核にするので、こまめにガラスクリーニングをするのも効果がある。

■撥水剤は要注意!? まずはパーツクリーナーで油膜の完全除去だ!!

 内側の視界確保はこれぐらいにして、本丸のガラスコーティングについて考えみよう。しかも費用をかけずに予算は1000円以内だ。

 ホームセンターに行けば有名ケミカルブランドの撥水剤が1000円以下で買えるゾ、と思うかしれない。それは正しい。ただ安いからといって適当に塗るのは、結局のところ効果を最大限に引き出せず、安物買いの銭失いとまでは言わないが、高く付くことにもなりかねない。

 しっかりと効果が発揮できるようにすれば、一回の施工で梅雨時を乗り越えることも可能だけに、目指すのは安く買って効果は最大限のいいとこ取り作戦だ。そうなれば、梅雨時一回の液剤代数十円程度。なんでも爆上がりの昨今、うれしいではないか。

 では、どうやって効果を最大限に引き出すかというと、油膜を始めとした不純物を完全除去してやる。なんでもそうだが、下地がしっかりとしていないところに塗ってもノリは悪いし、剥がれやすくもなる。

 最近は固形ワックスの使用も減って、頑固な油膜が付きまくって雨の日の夜なんて夜景がニジミまくるというのもあまりないが、それでも排気ガスなどが原因で油膜は発生するからまさに油断大敵だ。

 そもそもどうやって頑固な油膜を落とすか? 裏ワザかつ大ワザとしてはブレーキクリーナーやパーツクリーナーで拭くというのがある。使ったことがある人ならわかるだろうが、オイルでギトギトでもすっきりと落としてくれるので、ガラスに付いた油膜でも落としくれそうだ。

 フチなどの樹脂やゴムに付くとシミになったりする可能性もあるので、タオルに吹き付けてから拭き上げるといい。これなら一気にクリアにできそうだが、実は軽いものしかダメ。

 塗装などに使うシリコンオフ(脱脂剤)も同様で、「油膜よ、どんだけ頑固なのよ」と痛烈に実感するばかり。油膜は堆積しているし、熱で焼き付いているので、ちょっとやそっとでは取れないのだ。

次ページは : ■それでもダメなら油膜取り用コンパウンド!! 効果を堪能するなら乾燥が大事