好調アクアに異変! 割安でも販売急落の「核心」と3つの裏事情


 2021年7月に、トヨタ新型アクアが発売された。ハイブリッド専用車として生まれ変わってから、早1年経過した。

 2021年8月から12月にかけての登録台数は、堅調だったものの、2022年1月以降の登録台数が減少傾向にある。2022年4月の登録台数は2693台と、2021年1カ月平均より半分以下となっている。そして、先日発表された2022年5月登録台数では、3288台という記録だった。

 そこで本稿では、ここまで現行型アクアの販売が低迷した理由をさまざまな視点から解説と考察をする。さらに、今後の登録台数ランキングの見方についてもお届け。

文/渡辺陽一郎、写真/TOYOTA、平野 学

【画像ギャラリー】売れ筋カテゴリーで低迷するアクアと、選択肢が豊富なトヨタのコンパクトハイブリッド車たち(24枚)画像ギャラリー

トヨタ現行型アクアの販売状況とは?

2021年7月19日に発売された2代目となる現行型アクア

 今はクルマの価格が高まった影響もあり、コンパクトカーの売れ行きが好調だ。小型/普通乗用車の約40%を占めて、SUVやミニバンを上まわる。

 またパワーユニットでは、ハイブリッドの人気が高い。今は国内で売られる小型/普通乗用車の45%が、モーター駆動を備える電動車になった。ハイブリッドはその主役となる。

 そこで小型/普通車の販売ランキングを見ると、上位に入る車種の大半に、ハイブリッドが用意されている。その意味でアクアは、ノートと並んで今の売れ筋路線に沿っている。5ナンバーサイズのコンパクトカーで、なおかつハイブリッド専用車になるからだ。

 アクアの売れ行きを振り返ると、2021年7月に現行型へフルモデルチェンジされ、同年8月から12月までの1カ月平均登録台数は8895台に達した。アクアはノーマルエンジンを用意しないから、売れ筋の価格帯は、2WD・Xの209万円からZの240万円だ。コンパクトカーでは価格帯が高いから、1カ月平均で9000台弱を登録すれば立派なものだ。

 ところが2022年に入ると、アクアの売れ行きに異変が生じた。月別の登録台数が、1月は9857台、2月は6317台、3月は8175台、4月は2693台と下がってきた。3月には、登録台数自体は持ち直したが、1年でクルマが最も多く売られる時期だから当然だ。販売ランキングの順位は、一貫して下がり続けている。

 ちなみに1月のアクアは、小型/普通車ではルーミーの次に多く売られていたが、2月はライズを下まわった。3月はアルファードよりも少ない。さらに4月は、パッソやプリウスにも抜かれた。

 特に4月の2693台は少ない。同じ2022年4月のヤリスハイブリッドは3070台だから、アクアが下まわった。なぜアクアの売れ行きは、2022年に入って急落したのか。その背景には複数の理由がある。

乗り替え需要終了か? アクアの販売急落した理由は3つあり!!

 1つ目は、トヨタ自動車東日本岩手工場における生産の滞りだ。アクアに限った話ではないが、新型コロナウイルスの影響で、アクアの生産ラインは、数日にわたり稼働を停止している。日程は少しさかのぼるが、岩手工場は2022年3月17日の福島沖地震の影響も受けた。

 アクアの登録台数が下がった2つ目の理由は、先代(初代)モデルからの乗り替え需要が一段落したことだ。先代アクアは2011年に発売され、当時はコンパクトなハイブリッド車が今に比べて少なかった事情もあり、絶好調に売られた。2013年と2015年は、アクアが国内販売の総合1位になり、2014年も小型/普通車の1位になった。

 それ以降も先代アクアの販売は好調だったから、国内の保有台数も多い。そのために現行型が2021年7月に発売されると、先代型からの乗り替え需要が数多く発生して、コロナ禍に見舞われながら1カ月の登録台数が9000台近くまで上昇した。この乗り替え需要が落ち着いて売れ行きも下がった。

 3つ目の理由は、今のトヨタには、コンパクトなサイズを含めてハイブリッドが豊富に用意されることだ。アクアのほかにヤリスハイブリッド、車内の広いミニバンではシエンタハイブリッド、SUVではヤリスクロスハイブリッドとライズハイブリッドがある。コンパクトなハイブリッドの選択肢がここまで増えると、アクアを選ぶ必然性は薄れる。

 そしてトヨタのコンパクトなハイブリッド同士は、価格も近いので、互いに競争する。特に今のトヨタでは、すべての店舗が全車種を扱うから、従来以上にトヨタ車同士の競争が激しくなった。

 アクアと同じようなことがプリウスにも当てはまる。ハイブリッドが先進的な環境技術とされていた時代には、遠方から見てもスグに識別できるプリウスのようなハイブリッド専用車が注目された。

 しかし今は違う。他社製品を含めて、ハイブリッドは珍しい存在ではない。敢えてハイブリッドであることをアピールするメリットも薄れ、ハイブリッドのみを搭載するアクアやプリウスの注目度と売れ行きは、以前に比べると下がってきた。

 このようなアクアの販売下降を、トヨタの販売店ではどのように見ているのか。以下のように返答された。

「以前のヴィッツと、今のヤリスを比べると、外観から内装まで大幅に変化している。そのためにお客様に注目されやすい。しかしアクアは、先代型と比べて外観の変化が目立たない。実際に運転すると、現行アクアは居住性や乗り心地がヤリスハイブリッドよりも快適だが、そこはあまり知られていない。またアクアの価格は、ヤリスハイブリッドよりも少し高く、この点も人気に影響した」。

次ページは : パーツの供給状況で販売ランキングに影響あり? 今後はどうみていくべきか