アクアvsフィット カローラクロスvsヴェゼル… ライバル車種をプロが直接比較で白黒つける!!

アクアvsフィット カローラクロスvsヴェゼル… ライバル車種をプロが直接比較で白黒つける!! あなたならどっちを選ぶ?

 欲しいクルマの条件は揃ったけど、車種をどっちにするか決まらない…… そんな悩みを解決するためテーマ別やカテゴリー別で2台をガチンコ勝負!

  今回の対決ラインナップは「アクア VS フィット」「カローラクロス VS ヴェゼル」「ロッキー VS キックス」そして「ロードスター990S VS スイフトスポーツ」だ。

 ベストカーでお馴染みの自動車評論家たちが、値段やカタログスペックだけではわからない性能差を5項目に分けて評価する!

※本稿は2022年2月のものです
文/岡本幸一郎、松田秀士、片岡英明、写真/ベストカー編集部、撮影/平野 学
初出:『ベストカー』2022年3月26日号

【画像ギャラリー】見た目の白黒つけるのはあなた自身! ライバル車種をギャラリーでチェック!(25枚)画像ギャラリー

■コンパクトハイブリッド対決(トヨタ アクア VS ホンダ フィット)

フィットは室内空間、走りの質ともにアクアよりも優れている。加速の立ち上がりはアクアの方がいい(写真はアクア)

 新型アクアは共通性の高い同門のヤリスとの差別化を図るべく、後席の居住性や乗り心地の快適性、内外装の質感に配慮したクルマになった。

 その点では定評のあるフィットと比べると、絶対的な広さでは全然かなわない。車内空間の広々感と視界のよさには感心せずにいられないし、センタータンクレイアウトによる低くフラットなフロアの優位性も依然として大きい。

 走りの質も“心地よさ”にこだわったフィットには遠く及ばず。アクアの標準系の足まわりはヤワで、逆にスウィングバルブダンパーの付く「Z」は路面感度が高く乗り味が粗い。

 一方で、印象的なのが瞬発力だ。大きな電流を瞬時に出せるバイポーラ型ニッケル水素バッテリーが効いて、加速の立ち上がりがかなり素早い。THSもまだまだ可能性があることに感心した。かたやフィットは、システムの先進性では上回るも、もっとやれるはずなのに、燃費を意識してか加速感がずいぶん控えめなのが惜しい。

■テスト結果(アクア/フィット)
・ハンドリング:5/9
・動力性能:8/7
・ドライバビリティ:6/9
・ハイブリッドシステムの完成度:8/8
・リアシートの居住性:7/9
・総合:7/8

■判定…パワー感以外の項目でフィットが貫録の優勝

●トヨタ アクア 主要諸元
・全長×全幅×全高:4050×1695×1485mm
・重量:1080kg
・エンジン/モーター:1.5L、直3(91ps/12.2kgm)+モーター(80ps/14.4kgm)
・WLTCモード燃費:35.6km/L
・価格帯:198万円~259万8000円

●ホンダフィット車両諸元
・全長×全幅×全高:3995×1695×1540mm
・重量:1190kg
・エンジン/モーター:1.5L、直4(98ps/13.0kgm)+モーター(109ps/25.8kgm)
・WLTCモード燃費:28.6km/L
・価格帯:199万7000円~286万6000円

(TEXT/岡本幸一郎)

■コンパクトSUV対決(トヨタ カローラクロス VS ホンダ ヴェゼル)

両車とも日本で使いやすいコンパクトSUV。室内空間は両車とも十分だが、走りの洗練度ではホンダ ヴェゼル(写真)が上回る

 両車とも日本で使いやすいジャストサイズの快適クロスオーバーSUVだ。ボディサイズはカローラクロスのほうが大きいが、取り回し性のよさは負けていない。

 キャビンは独創的なセンタータンクレイアウトを採用するヴェゼルのほうが広く、多人数乗車でも寛げる。特に後席の広さは圧巻だ。大柄な人でも足を組んでゆったりと座れる。

 カローラクロスは視界がよく、シートもたっぷりサイズだ。後席の膝もと空間はヴェゼルほど広くはないが、頭上には余裕がある。4名乗車時の荷室の奥行きも充分だ。だが、荷物を積みやすいのは荷室がフラットなヴェゼル。

 パワーユニットは、両車ともガソリンエンジンとハイブリッド車を設定した。カローラクロスは1.8L、ヴェゼルは1.5Lだ。主役となるハイブリッド車の評価は、e:HEV搭載のヴェゼルが一歩リード。パワー感とトルク感は300ccの違いを感じさせないし、ドライバビリティも一歩上を行っている。

 ガソリン車は、どちらもスポーティな味わいだ。これで充分と言える実力を秘め、ハンドリングも軽やか。だが、カローラクロスはFF車しか設定がないのが残念。ヴェゼルも廉価グレードだけで装備などに不満を感じてしまう。

 ハンドリングの洗練度はヴェゼルに一日の長がある。2WDを含め、カドが取れた穏やかな乗り味が心地よい。それでいてスポーティな走りも余裕でこなす実力派だ。

■テスト結果(カローラクロス/ヴェゼル)
・ハンドリング:8/9
・動力性能:8/9
・ドライバビリティ:8/9
・SUVらしさ:9/8
・リアシートの居住性:7/10
・総合:8/9

■判定…ほぼすべての項目でヴェゼルが上回った

●トヨタカローラクロス車両諸元
・全長×全幅×全高:4490×1825×1620mm
・重量:1380kg
・エンジン/モーター:1.8L、直4(98ps/14.5kgm)+モーター(53ps/16.6kgm)
・WLTCモード燃費:26.2km/L
・価格帯:199万9000円~319万9000円

●ホンダヴェゼル車両諸元
・全長×全幅×全高:4430×1790×1590mm
・重量:1380kg
・エンジン/モーター:1.5L、直4(106ps/13.0kgm)+モーター(131ps/25.8kgm)
・WLTCモード燃費:24.8km/L
・価格帯:227万9200円~329万8000円

(TEXT/片岡英明)

次ページは : ■シリーズハイブリッドSUV対決(ダイハツ ロッキー VS 日産 キックス)