セルシオ GT-Rだけじゃない!! 今あらためて実感する日本と世界を変えた日本車インフルエンサー列伝

セルシオ GT-Rだけじゃない!! 今あらためて実感する日本と世界を変えた日本車インフルエンサー列伝

「インフルエンサー」とは、他に影響を与える存在のこと。最近じゃ、SNSなんかで情報を発信して世界に影響を与える人などを指してそう呼んだりもする。

 自動車においても、思い返してみると「インフルエンサー」だったのでは? というモデルが存在する。そして、技術で影響を与えたモデルやデザインで影響を与えたモデルなど、ジャンルも様々だ。

 ここでは、そんな世界に影響を与えた日本車をご紹介していこう!! 世界に影響を与えた、偉大なる日本車だ!! 

※本稿は2022年5月のものです
文/国沢光宏、鈴木直也、清水草一、片岡英明、ベストカー編集部、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年6月10日号

【画像ギャラリー】本文で掲載しきれなかったクルマも 世界に誇るべき日本車たちを画像でチェック!!(25枚)画像ギャラリー

■国沢光宏氏が推すインフルエンサー車

ハイエースは世界各国で乗り合いバスなどに使われている実用車として高い評価を得ている。中国ではパクリ車が出るほどの影響力だ
ハイエースは世界各国で乗り合いバスなどに使われている実用車として高い評価を得ている。中国ではパクリ車が出るほどの影響力だ

 私にとって一番の「凄いね!」はハイエースだったりする。このクルマ、アフリカや南アメリカに行くと驚くほど多く見かけます。乗り合いバスとして使われているのだった。

 あまりの人気のため、中国で200系のパクりハイエースが大増殖したほど。最近は偽ハイエースが中国から輸出されている。ただ耐久性で本家にまったく届かず苦戦してますね。

 意外なところだと2代目レガシィにラインナップされたグランドワゴンも、世界中の自動車メーカーがバックマーカーを作った。

 ちなみに元祖はAMCイーグルながら売れず。優れた性能を持つアウトバック(北米名)はアメリカでヒット!

 アウディやボルボが追従し、その後、多くのメーカーがアウトバック風のクルマを出すにいたる。今でもアウトバックは人気ナンバー1です。

 ピックアップトラックの車高を上げカッコよく仕上げたハイラックスはアメリカ西海岸で大ブレイクする! 以後、たくさんのメーカーがハイラックスのようなドレスアップ仕立てのピックアップを作り始めた。

 最近はフルサイズのピックアップまでド派手なスポーツモデルをラインナップするなど、完全に流行を作ったと思う。ハイラックス、今でもトヨタの稼ぎ手になっている。

 意外かもしれないが乗用車ベースのSUVで大ヒットを飛ばしたのはCR-Vが初めて。こう書くと「RAV4でしょ」と思うかもしれないけれど、ベースになった乗用車との距離の近さからすれば圧倒的にCR-Vだ。

 少なからぬ自動車メーカーがCR-Vを購入して「乗用車のプラットフォームをそのまま使ってこんなクルマができるのね!」と驚いたという。現在のSUV、大半がCR-Vタイプ。

ラリーで勝つために、大衆セダンのランサーに250psの2Lターボを搭載したのが元祖「ランエボ」。写真は1996年登場の「エボIV」で280ps/36.0kgm
ラリーで勝つために、大衆セダンのランサーに250psの2Lターボを搭載したのが元祖「ランエボ」。写真は1996年登場の「エボIV」で280ps/36.0kgm

 バックーマーカーこそ作れなかったけれど、世界中の自動車メーカーが参考車として購入し「いいね!」したクルマはランエボとインプレッサWRXだと思う。

 国内外問わず様々なメーカーの技術者とクルマ談義をすると、必ずやこの2モデルの名前が出てくる。皆さん「楽しい」とか「素晴らしい」と敬意を表してくれ、そして皆さん「ウチの会社も作りたい」という。

 さらに話を聞くと、ランエボやWRXのようなクルマを作っても、あんなたくさんの台数は売れないだろうし、作ったとしても高額になるだろうという。世界中の自動車メーカーが「作りたくても作れなかった」ワケ。

 逆に考えると、1990年代の三菱自動車とスバルは凄くエネルギッシュだったということ。現在進行形で世界に影響を与えてるクルマってあるのかしら?

次ページは : ■鈴木直也氏が推すインフルエンサー車

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ