なぜトヨタよりも利益が出るのか!? 「テスラ最強伝説」のワケを探る!

なぜトヨタよりも利益が出るのか!? 「テスラ最強伝説」のワケを探る!

 テスラの業績が依然として絶好調だ。4月には今年1~3月期の決算を発表し、売上高と純利益が過去最高を更新している。その売上高は前年同期比で81%増加し、187億5600万ドルにものぼった。また、純利益は7.6倍の33億1800万ドルとなり、売上高とともに四半期ベースで過去最高を更新したのだ。

 新型コロナの感染拡大にもかかわらず、販売台数は7割増で過去最多の約31万台となっているという。イーロン・マスクCEOは、「1年あたりの成長率は今後数年50%を超えると確信している」と豪語したのだが、あのトヨタをはるかに上回る利益率の高さには舌を巻かされる。

 果たしてテスラの強さの秘訣はどこにあるのか、多方面から筆者が分析した。

文/井元康一郎、写真/テスラ

【画像ギャラリー】イーロン・マスク率いるEVの黒船、テスラがラインナップするスタイリッシュな電気自動車たち(24枚)画像ギャラリー

■トヨタ幹部をも驚愕させたテスラの利益率

テスラ最初の量産車は2008年登場のロードスター。登場当時、現在のテスラの躍進を誰が予想しただろうか

 2021年に前年比で2倍近くとなる93万6000台のバッテリー式電気自動車(BEV)を販売し、それに伴って「爆益」を出し始めたアメリカのテスラ。同年後半には自動車部門の営業利益率が15%弱に達し、さらに今年1~3月は実に19.2%をマークした。

「営業利益率が10%いけば上出来という自動車業界で2割近い利益率というのは驚くほかない。しかもその全量が、コストが高くロクに利益が出ないはずのBEVなのですから、本当に信じがたい。といってもそれはまぎれもなく現実なのですが……」

 トヨタ自動車幹部のひとりはテスラの経営スコアに舌を巻いた。

 ところが、絶好調であるはずのテスラ、足下ではこのところ急激な株価の下落に見舞われている。5月20日の終値は1株あたり669.3ドル(8万5670円、1ドル=128円換算。以下同)と、今年初めから44.7%も下がった。

 アップル、アルファベット(グーグルの親会社)、マイクロソフト、アマゾンドットコムなど他のハイテク株もきつい下落を食っているが、テスラ株の暴落ぶりはそれらを上回り、フェイスブックあらためメタ・テクノロジーと並ぶ水準。

 一度は時価総額1兆ドル(128兆円)クラブ入りを果たしていたものの、メタとともに仲よく陥落してしまった。

■BEV市場はテスラの独走状態

 業績は好調、株価は下落。果たしてテスラの前途は明るいのか暗いのか。

 まず、収益の基盤となる自動車ビジネス面だが、この点については相当強固なものがある。テスラは3年ほど前まで、BEV市場においてまさに一社独走状態にあった。ライバルモデルがなかったわけではなく、テスラしか売れていなかったのだ。

 2020年には他メーカーも電動化に最適化させたBEV専用モデルを続々とデビューさせ、BEV市場は一気に過熱の様相を呈した。

 以前からBEVの選択肢が増えるとテスラは特色が失われ、苦しい立場に置かれるという見方は少なからずあったが、冒頭で述べたようにテスラの勢いはまったく落ちなかった。

 それどころか、中国の上海、ドイツのブランデンブルクと新工場を建てるたびに生産が増えた分がそのまま販売台数に乗るという状況が続いている。

■カタログスペックどおりの高性能

ラージクラス、セダンタイプのテスラ モデルS

 何がテスラの人気を下支えしているのか。

 それはひとえに商品力の高さだ。テスラ車はラージクラスの「モデルS」からボトムエンドの「モデル3」まで、おしなべて高性能だ。

 筆者は試しにモデル3の加速タイムをGPSで計測してみたことがあるが、静止状態から何のテクニックも使わずアクセルペダルをポンと踏み込むだけで、本当にほぼカタログスペックどおりのタイムが出せてしまうのだ。

 0-100km/h加速の実測値はロングレンジという長航続距離版が4.2秒、高出力版のパフォーマンスが3.4秒だった。

 速いのは動力性能だけではない。急速充電のスピードも第一級だった。テスラが配備しているテスラ車専用急速充電器、テスラスーパーチャージャーの最新版は最高出力が250kWと非常に高い。

 それで実際に充電してみたところ、もちろんずっとではないが、きっちり250kWで受電した。その時の充電電圧がバッテリー定格電圧より少し高い360ボルトだとすると、実に約700アンペアもの電流が流れていることになる。

 日本のCHAdeMO規格充電器も最高150kWという高速タイプが登場し、今後設置が始まる見込みだが、その電流は最大で350アンペア。テスラはその倍速なのである。充電できたのは8分あまりで26kWh。おとなしく走れば航続距離200kmぶんに相当する。

次ページは : ■先進的なインターフェースで未来感を演出