いよいよレクサスIS F復活!? から考える唯一無二のスポーツセダン5選

いよいよレクサスIS F復活!? から考える唯一無二のスポーツセダン5選

 レクサスIS Fが8年ぶりに日本で販売される公算が大きくなってきた。今年9月のマイナーチェンジ時に北米のIS500Fを日本仕様にモディファイして復活するらしいのだ。

 IS FはFRスポーツセダンのISをベースにV型8気筒5L自然吸気エンジンを搭載し、走行性能・空力性能を高めたハイパフォーマンスモデルになる。

 今回は、ちょっと気が早いがこのIS Fの復活? をお祝いして、筆者が選んだこんなクルマは二度と出てこないであろう唯一無二の魅力を持つハイパフォーマンススポーツセダン5選をお届けする。

文/渡辺敏史、写真/レクサス、アストンマーチン、キャデラック、ホンダ、マツダ、日産、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】2度と出てこないであろう唯一無二の魅力をもつハイパフォーマンススポーツセダン5選を写真でチェック!!(31枚)画像ギャラリー

■北米のIS500FスポーツがIS Fとして日本導入!?

2021年3月に北米で発売開始されたレクサスIS500Fスポーツ。最新情報では、日本でも2022年9月のマイナーチェンジと同時にIS500Fスポーツが追加設定される予定

 今年の秋冬くらいに、レクサスISにハイパワーバージョンが追加されるのでは? という噂、ボクも耳にしたことがあります。が、真偽のほどはまったくわかりません。

 おそらくその噂の根拠になっているのは、北米市場向けに輸出されているIS500 Fスポーツの存在でしょう。LC500やRC Fが積む5LV8自然吸気ユニット、2UR-GSEをノーズに収め、2速以降がフルロックアップとなる8速ATを介して後輪駆動でドライブするそれは、0~60マイルを4.4秒で駆け抜ける俊足の持ち主です。

 これが日本市場にもIS Fの後継やGS Fの代替的位置づけとして導入されるのではないかという憶測は登場当初から囁かれていました。

 もっとも、今や同級の車格でそれより速いスポーツセダンはたくさんあります。ISのライバルといえばメルセデスAMGのC63シリーズやBMWのM3ということになりますが、いずれもターボ化によって500ps超の700Nmという凄まじい火力を有しており、IS500はヨーイドンでは敵いっこありません。

 でも、もはやポルシェ911をも食い散らかさんという彼らの速さは、公道で云々する領域ではないのも確かです。スポーツセダンというコンセプトと、それを求める最大の理由でもある日常性との親和を鑑みた時に、もはや性能の数値的な優劣は物差しにならないくらいの領域に達しているのかなとも思います。

 その喧嘩、サーキットでやれば? の話ではなく、普段乗りでも時折なにかいいもの、特別なものに乗っていると感じさせてくれる。そういう満足度こそがスポーツセダンの勘どころではないでしょうか。そういう視点でみれば、大排気量マルチシリンダーを7000rpmオーバーまで回せる絶滅種の2UR-GSEを積んだIS500は見逃せない存在となります。日本でも発売されるといいですね。

 というわけで、お値段的にも納得できる範疇にありながら唯一無二の魅力をもつスポーツセダン、こういう選択肢もありますよ。

■アストンマーチン・ラピード

アストンマーチン・ラピード最後のモデル「ラピードAMR」。2018年から210台限定で販売された世界で最も美しい4ドアスポーツカー

 かつては日本のお家芸だった4ドアハードトップ的なコンセプトのクルマは、2000年代になってメルセデスベンツCLSやポルシェパナメーラの登場でリバイバルするわけですが、そのコンセプトをとりわけ先鋭化させた形で作られたのがラピードでしょう。

 純然たる2ドアスポーツクーペとして設計されたDB9系の車台をストレッチして4ドア・4座化した、かぎりなくクーペの側に近いスポーツセダン。全長5m超えながらそのパッケージは成人男子4人が座るにもタイトなわけですが、そのぶん、エンジンは6LV12自然吸気のAM12系を搭載、ミッションは後軸直下のトランスアクスルレイアウトとメカニカルな面での妥協はまったくありません。

 恐らくここまで極端にスポーツカーの側からアプローチしたスポーツセダンというのは今後二度と現れることはないと思います。もちろん程度やグレードにもよりますが、中古車の流通価格は700万円〜というところ。

 もちろん維持は相応に大変だと思います。が、内燃機の頂点である12気筒の体験も込みで考えれば値頃感はなかなかだと思います。

次ページは : ■キャデラックCTS-V