国産300ps以上セダンを狙え!「現代版羊の皮をかぶった狼」を中古200万円以下で手に入れる!!

国産300ps以上セダンを狙え!「現代版羊の皮をかぶった狼」を中古200万円以下で手に入れる!!

 「羊の皮をかぶった狼」とはハコスカの愛称で現在でも人気の高い日産3代目スカイライン4ドアGT-Rに使われた言葉だ。

 見た目は普通のセダンなのにもかかわらず、スポーツカーを凌駕するほどの高い走行性能を秘めたモデルのこと。ハコスカの4ドアGT-Rをルーツとする現行型スカイライン400Rはまさに「現代版羊の皮をかぶった狼」といえるパフォーマンスを発揮する。

 そこで、ここでは予算200万円で手に入る中古車のなかから、300ps以上のハイパワーエンジンを搭載し、高い走行性能を実現した4ドアセダンを5台紹介しよう。

文/萩原文博、写真/ホンダ、スバル、日産、トヨタ、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】中古200万以下で買える国産300ps以上セダン5選を写真でチェック!!(25枚)画像ギャラリー

■史上初のカタログ300psを発揮した4代目レジェンド

2004年に発売された4代目レジェンド。世界初の四駆システム「SH-AWD」を搭載し、国産車初の最高出力300ps超えのクルマとなった

 最高出力300psというと、昭和生まれにとっては超ハイパワーマシンに感じてしまうのだが、現在はノーマルでも600psを発生する時代となっていて、感覚が麻痺してしまう。それでは、予算200万円以下で狙える最高出力300psを発生するエンジンを搭載したセダンをまず3台ピックアップした。

 2004年7月に最高出力280ps自主規制が撤廃され、最初に国産車で最高出力300psをカタログ表記した記念すべきモデルが2004~2012年まで販売されたホンダのフラッグシップセダンであるレジェンドだ。残念ながら、2022年1月に5代目が日本市場では販売終了となってしまった。

 2004年に登場した4代目となるレジェンドは、ボディ骨格の約50%にハイテン材を使用。シャシーなどの部品にアルミニウムをはじめ、マグネシウム、プロペラシャフトにCFRP(炭素繊維強化ブラスチック)などの軽量素材を使用し、大幅な軽量化を実現。

 搭載された3.5L V型6気筒エンジンは、最高出力300ps、最大トルク353Nmを発生。車速に応じてスロットル特性を最適に制御する、車速応動DBW(ドライブ・バイ・ワイヤ)を採用した。

 駆動方式は、前後輪と後輪左右の駆動力を自在にコントロールする世界初の四輪駆動システム「SH-AWD」を採用。前後配分を30:70から70:30に変動させるのに加えて、後輪左右配分を100対0から0対100まで無段階制御可能だ。

 駆動力を走るためだけでなく旋回にも利用することで車両の運動性を飛躍的に向上させているのが特徴だ。現在、4代目レジェンドの中古車は約54台流通していて、中古車の価格帯は約23万8000~約129万8000円とほとんどの中古車が100万円以下で手に入る。

■FA20ターボエンジンを積んだ5代目レガシィB4

5代目レガシィは2009年に発売、北米市場を意識してボディは拡大され、排気量も2.5Lでデビューしたが、2012年の改良でFA20ターボが追加された

 続いて紹介するのは、2009~2014年まで販売されたスバル5代目レガシィB4。2012年に行われたマイナーチェンジの際に、最高出力300ps、最大トルク400Nmを発生するFA20型2L水平対向4気筒ターボエンジンが搭載された。

 この世代の前期型2.5Lターボ車には6速MT車が用意されていたが、残念ながら後期型の2Lターボ車にはCVTのみだった。しかし、スバルの先進運転支援システムであるアイサイトはVer2へと進化し、現在でも充分に満足できる支援機能である。

 ボディサイズが大きくなったことで、セールス面で苦戦したこともあり、中古車の流通台数は約18台とかなり少なめ。その影響で、中古車の価格帯も約84万8000~約138万円とかなり割安。高速道路での追従走行が可能なアイサイトVer2が付いたハイパワーセダンがこの価格はかなり魅力だ。

次ページは : ■言わずと知れたスバルのフラッグシップマシン、WRX S4