アルファードの3列目乗り心地はイイけど……床下格納より操作性イマイチな左右跳ね上げシートが生き残っているワケ

アルファードの3列目乗り心地はイイけど……床下格納より操作性イマイチな左右跳ね上げシートが生き残っているワケ

 新型ステップワゴンやエスティマの3列目シートは床下収納が可能で、ラゲッジを存分に使えるシロモノであった。

 その一方アルファードや新型ノア/ヴォクシーはといえば、未だに左右跳ね上げ式シートを採用しているのだった。

 確かに座り心地は跳ね上げタイプに軍配が上がるケースが多いが、ラゲッジの使い勝手としては劣ってしまうのも事実である。そこで単純な疑問として、なぜ3列目シートの収納方法は定まらないのか!? 結局どっちがいいのか? 長年の悩みを一挙解決へ!

文/青山尚暉、写真/トヨタ、日産、ホンダ

【画像ギャラリー】アルファードの床下収納がヤバい! 売れるのも納得な証拠がコレ(6枚)画像ギャラリー

■トヨタは跳ね上げ式が大好き!? 3列目シートの収納方法は2種類存在

現行モデルで左右跳ね上げ式を採用するのはアルファード、セレナ、フリードなど。2022年初頭にモデルチェンジしたノア&ヴォクシーも左右跳ね上げ式を採用している

 ミニバンの3列目席の格納方法は、左右に跳ね上げるタイプと、床下にすっきり格納する2種類がある。

 現行モデルはアルファード、ノア&ヴォクシー、セレナ、フリードなどが左右跳ね上げ式。一方、床下収納式はステップワゴン、オデッセイといったホンダ勢に多く、ちょっと前ならトヨタミニバンとして例外的にエスティマが床下収納式だった(スタイリッシュさ重視だから?)。

 ちなみにシエンタはどちらにも属さない、3列目席を2列目席の下に滑り込ませる特殊な格納方法を採用する。

■床下収納に座り心地! 使い勝手を優先した跳ね上げ式

 では、跳ね上げ式と床下格納式ではどちらがベターなのか? それを紐解くためには、それぞれのメリット、デメリットを理解する必要がある。

 まず、左右跳ね上げ式のメリットは、シートクッションを床下格納式より厚めにすることができる。そう、かけ心地優先の考え方(といっても、すべての左右跳ね上げ式の3列目席のかけ心地が床下収納式より優れるわけではない)。

 しかも、ラゲッジスペースの床下に収納を持たせることができるのだ。転がりやすいものや、普段はあまり使わない車載アイテムを積んで置くのに適している。

 また、3列目席使用時、3列目席跳ね上げ格納時を問わず、ラゲッジスペースの開口部からフロアがフラットで、重い荷物の出し入れが楽々なことも、メリットとして挙げられる。

■ラゲッジを最大限に!! 床下格納は広報視認性もヨシ

 一方、床下収納式のメリットは、リヤクォーターウインドーの視界を犠牲にすることなく、格納時の拡大したラゲッジスペースがすっきりした大空間になるという点にある。

 ホンダとして初の床下格納式3列目席を備えたミニバン、初代オデッセイの3列目席を床下にすっきり格納できるようにしたのは、「シートだらけの室内にしたくない」というデザイン担当の開発者の想いからであった。

「だったらシートを隠してやるよ」とばかりに、シートを床下に格納するべく、設計を全面的に見直し、フレームをわざわざ曲げたという逸話があったそうだ。

 ラゲッジスペースを大容量ワゴンのように使えるのも床下格納式ならではで、これは筆者の勝手な想像だが、3列目席格納状態で走る前提では床下にシートを収めたほうが重心が低くなり、走りが良くなる……というのも、いかにもホンダらしいパッケージングだと思ったりする。

■新型ノア/ヴォクはネガ解消も……跳ね上げ式は作業が面倒

左右跳ね上げ式のデメリットは、なんといっても視界が遮られること。圧迫感もあり、昼間は車内に外の光が届きにくい

 左右跳ね上げ式のデメリットを挙げてみると、まずは誰もが思いつくように、跳ね上げて格納すると、見た目がすっきりせず、そしてリヤクォーターウインドーからの後方視界を遮ってしまうこと。

 跳ね上げ操作も細腕女性にとっては重く、ベルト固定式だとさらに作業が大変なのも事実。先代ノア&ヴォクシーはワンタッチ跳ね上げ方式を採用したものの、最後の固定は手動。身長、体形によってはラゲッジルームに乗り込んで作業する必要があったのだ。

 また、3列目席は5:5分割格納が可能で、片側だけ跳ね上げ格納し、もう片方に人が座ることもできるのだが、実際そのアレンジで3列目席に座ってみると、格納した3列目席側のリヤクォーターウインドーの視界が遮られるため、ちょっとした閉鎖感に見舞われたりする(あくまで筆者の感覚)。

 車種、固定の仕方の良否によって跳ね上げた3列目席が段差や悪路走行時にガタつくのも気になるところである。

 だが、新型ノア&ヴォクシーでは最後の固定までワンタッチで行えるため、格納作業のデメリットは、新型ノア&ヴォクシーに限れば、見事に解消されている!! と言っていい。

 また、分厚く折り畳んだ3列目席を左右に跳ね上げたまま固定するため、その部分のラゲッジルームの左右幅が、フロアの最大幅よりずっと狭くなってしまうのも、デメリットと言える。

 もっとも、跳ね上げた3列目席の高さまで荷物をぎっしり積むようなことは、大々的なアウトドアや引っ越しぐらいのものだろうから、ここはあまり心配しなくていいだろう。

次ページは : ■床下格納はアンダーボックス使えず……荷物の出し入れもスムースじゃない!?

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ