クラウンすら「転向」へ舵を切るこの時代に。プロ4氏が考える「それでもFRに拘る意味」

クラウンすら「転向」へ舵を切るこの時代に。プロ4氏が考える「それでもFRに拘る意味」

 自動車のテクノロジーは進歩し、いまや「運転することを楽しめるFF」も選べる時代。

 しかし世の自動車好きたちは市場にFRが登場すると色めき立ち、乗ってみては「これが自動車の本質だ」などと語ってみたりする。

 今さら? 今だから? (先日発表されたクラウンが、歴代で貫かれてきたFRからE-Four/E-Four Advancedへと刷新されたこともまた、「FRの時代」の一つの転換期と呼べるのかもしれない)令和のこの時代に、FRにこだわることの意味はなんなのだろうか? 自動車評論家4氏に考察していただいた。

※本稿は2022年5月のものに適宜修正を加えています
文/松田秀士、鈴木直也、国沢光宏、斎藤 聡、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年6月26日号

【画像ギャラリー】これ「だけ」!? それとも「こんなに」!? FRを採用する国産車たち(28枚)画像ギャラリー

■松田秀士氏の見解

トヨタ スープラ。FRならではの操る楽しさは時代に関係なく魅力的
トヨタ スープラ。FRならではの操る楽しさは時代に関係なく魅力的

 FFがデフォルトになりつつある現在。BEVは巨大なバッテリーを搭載するためのスペースが床下に必要で、プロペラシャフトが必要なFRは無駄でしかない。

 なのにFRにこだわる意味とは、まずFRじゃなきゃドリフトはできない。見るほうも操るほうも、クルマが横向きで曲がっていく絵には特別な興奮を覚える。

 操舵輪と駆動輪が別々なので、それぞれのタイヤの持つグリップレベルを最大限に使いきれる。

 例えばGR86/BRZならコーナー進入時にエンジンブレーキをしっかり効かせることで、リアタイヤの横方向のグリップを減少させることができるので、前後のグリップバランスを前輪に持っていくことができ、少ない操舵で効率的にコーナーリングできるのだ。

■鈴木直也氏の見解

「今時FRにこだわるのはクルマ好きだけ」と思ってる人、それ大間違いです。FRにこだわっているのは、むしろクルマメーカーのほう。なぜなら、はるかに儲かるからだ。

 自動車産業は巨額の投資をして大量生産しないと採算が取れない。大量に売れるのは利幅の少ないコンパクトカーで、儲けは1台10万円くらいという薄利多売の商売だ。

 一方、今や少数派となったFRは基本的にスポーツカーやプレミアムカーが主流。もちろん、FFベースでも高級車は作れるけど、なぜかお金持ちは保守的でFRを好むんだからしかたない。

 こっちのマージンは平均的に1台50万円以上あると言われていて、自動車メーカーは切実にこっちを売りたいわけ。マツダを見れば、この理屈わかるでしょ?

次ページは : ■国沢光宏氏の見解

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ