抗菌、抗菌って有効期間はいつまでなの? 気になる抗菌仕様のホントのところと新たな対策


 コロナ禍の昨今、もはや入店時や帰宅時にアルコール消毒するのは当たり前となっている。そうなると不思議なもので、菌の繁殖なども気になってくる。そもそも両者は根本から異なるものだが、人を媒介とするウイルスと違って、菌は栄養源さえあればどこでも繁殖してしまう。

 しらないうちに車内で増えていて、害をなす可能性もあるのだ。そこで、今回はそんな菌の繁殖を妨げる「抗菌仕様について」ご説明しよう!

文/藤田竜太、写真/TOYOTA、NISSAN、Adobe Stock(トップ画像=DUSITARA STOCKER@Adobe Stock)

【画像ギャラリー】コロナ禍で改めて考える「抗菌仕様」!! クルマの抗菌加工ってあとからでもできるの!?(7枚)画像ギャラリー

■コロナをきっかけに採用が進む抗菌仕様

2022年5月の一部改良で採用されたJPN TAXIの抗菌シートと抗菌シートベルト(後席)

 トヨタが2022年5月に、細菌の繁殖を抑制する効果がある抗菌シートと抗菌シートベルト(後席)を採用したJPN TAXIの一部改良版の発売を発表して話題になるなど、抗菌に関する関心度は高い。

 しかし、こうしたクルマの抗菌仕様、効果はどれだけ持続するのか? そしてメンテナンスはどうしたらいいのか???

 その前に「抗菌」について少しおさらい。抗菌は、滅菌や殺菌、除菌とは違い、あくまで「菌を長時間増やさない」という意味。

 JIS(日本工業規格)では、加工されていない製品の表面と比較し、細菌の増殖割合が100分の1以下(抗菌活性値2以上)である場合、その製品に抗菌効果があると規定していて、この条件をクリアしたものを抗菌加工製品と認めている。

 実際にクルマに採用されている車内の抗菌グッズには下記の3タイプがある。

・抗菌作用のある抗菌剤を素材に練り込んだりコーティングさせたもの
・細菌が嫌うという銅や銀、亜鉛、銀、酸化チタン、マグネシウムなどを使った無機系抗菌剤
・光触媒の作用で、黄色ブドウ球菌、大腸菌などの菌の繁殖を防ぐもの

 上掲のトヨタJPN TAXIの抗菌仕様は、シートベルトが光触媒による抗菌コーティング。タング(樹脂部)、バックル部のボタン/カバー、コネクタタング(樹脂部)/バックル部のカバーには銀系抗菌剤添加を施している。

 これらの効果がいつまで持続するかだが、光触媒コーティングは、一般的に3〜4年の持続効果があるといわれている。一方、銀、酸化チタンなどを使った無機系抗菌剤は、半永久的に効果が保たれ、とくにケアやメンテナンスは不要。

 トヨタだけでなく、日産自動車も2021年4月8日に「今後新たに国内で発売する車両に、順次、抗菌仕様のステアリングとシートを採用する」と発表したのは記憶に新しいところ。

 このとき、抗菌効果の持続性について、日産自動車に取材すると、下記の回答が得られた。

「日産では開発段階で、5年分の劣化負荷をかけて実験を行ない、新車装着時から5年後でもこれらのステアリングやシートの抗菌作用が失われていないことが確認できている」

 また、その間は、新たな抗菌加工などのメンテナンスも必要ないと教えてくれた。

 というわけで、少なくとも自動車メーカーが新車時に施してくる抗菌仕様については、ノーメンテで5年以上は効果があると思って間違いない。

■あとからディーラーで施工できる抗菌加工も

トヨタ、日産、スバル、ダイハツなどの各ディーラーでは消臭・抗菌・抗ウイルス加工を実施している ※写真はイメージです(papzi@Adobe Stock)

 では、こうした抗菌仕様、すでに所有しているクルマにあとから施工することはできないのだろうか?

 じつはトヨタ、日産、スバル、ダイハツなどの各ディーラーで、可視光応答型光触媒スプレーを使った消臭・抗菌・抗ウイルス加工のメニューを実施している(普通乗用車で5000円前後)。

 一度塗布すると光触媒成分が付いている限り効果が続くので、半年から1年ほど効果が期待できる。車内の空気をリフレッシュしたい、抗菌・抗ウイルス対策を施し、安心したいという人は、これらを利用してみてはどうだろうか。

 なお一時期、各ディーラーなどでは「除菌」「消臭」効果があるといわれた車両用クレベリンのサービスも流行っていたが、今年5月、大幸薬品が「クレベリン」シリーズついて、消費者庁の指摘を受け、「室内空間に浮遊するウイルスや菌の除去効果の合理的根拠はない」と認めたニュースが話題となった……。

 つまり車両用クレベリンには、「抗菌」「抗ウイルス」効果は期待できないと思った方がいい。

 いずれにせよ、抗菌グッズはあくまで「菌を増やさない」のが目的で、菌を殺す効果はないということを忘れずに。

 そして、すべてのウイルス、菌に有効なわけでもないので、抗菌グッズに過度に期待することなく、手洗いや手指の消毒の他、車内の定期的な換気や、清掃にも力を入れていくことで、清潔な車内を保つようにしよう。

【画像ギャラリー】コロナ禍で改めて考える「抗菌仕様」!! クルマの抗菌加工ってあとからでもできるの!?(7枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ