600万切りのベンツC180登場でレクサス含めDセグサルーン戦線はどう変わったのか?

600万切りのベンツC180登場でレクサス含めDセグサルーン戦線はどう変わったのか?

 2022年2月、メルセデスベンツはCクラスのエントリーグレードとしてC180を追加した。気になる価格はセダンが599万円、ステーションワゴンが625万円からとなっている。

 エントリーグレードといえども直4の1.5Lターボ(170ps/250Nm)+マイルドハイブリッドを搭載し、メルセデスゆえに安っぽさもない。

 そこで、国内外のDセグサルーンとC180を比較検証してみた。

文/松田秀士、写真/メルセデス・ベンツ、BMW、Audi、LEXUS、NISSAN

【画像ギャラリー】エントリーグレードどいえど高級感はさすがのメルセデス!? 国内外のライバルたちと比較検証!!(11枚)画像ギャラリー

■エントリーグレード「C180」登場!

2022年2月に登場したCクラスのエントリーグレードであるC180

 メルセデスベンツはさる今年2月からCクラスのエントリーグレードとしてC180をセダン(599万円)、ステーションワゴン(625万円)を追加している。これまで600万円超えだったC200セダン(654万円)より55万円安い設定(ワゴンは52万円安)。

 しかもエントリーグレードといえどもC180は直4の1.5Lターボ(170ps/250Nm)+マイルドハイブリッドという万人受けする環境メカニズムを搭載している。メルセデスゆえに安っぽさはないぞ。

 まぁ今後円安が続けばそれなりの値上げがあるにしても、しばらくはこの価格で手に入るわけだ。そのせいか街でC180を見かける機会が多くなってきた。

 ならば、これを迎え撃つ国産勢のレクサスISとスカイラインターボを含め、BMW320d&320iやアウディA4 40TDIクワトロなど、これら同価格帯のライバルモデルについて、ホントはどうなのよ? と比較分析してみようと思うのだ。

■エントリーグレードといえど高級感は充分

 では、まずC180の装備などを見てみよう。先述したように直4の1.5Lターボはそれだけで170ps/250Nmを発生するというリッター当たり軽く100ps以上を発生させる高性能スペック。このエンジンと9速トランスミッションとの間にISG(マイルドハイブリッドシステム)の電動モーターが組み込まれている。

 このモーターの出力は15kW(20ps)/208Nm。モーターはゼロ回転から最大トルクを発生するので、停止状態から208Nmの蹴飛ばし加速をする! と考えていいが、そんな大トルクで後輪を駆動すれば簡単にホイールスピンを起こすので電子制御によってドライバーが要求する加速トルクをコントロールしている。

 よって出だしはとてもスムーズ。いわゆるオルタネーターをモーターに置き換えた外付け式48Vマイルドハイブリッドとは異なるモーター内蔵式なので、アイドリングストップからのエンジン始動も気づかされぬままにいつの間にかエンジンが始動している静粛無振動。高級車らしい発進のふるまいだ。

■9速ATのスマートかつワイルドな加速!

 さらに走り出してしまえば、9速ATは非常に賢いギヤチェンジを行う。多段化によるギヤ to ギヤの変速比が接近しているから、エコに走りたい時は少ないアクセル開度でも次々にシフトアップして、低回転で燃料消費量を抑えてくれる。

 アクセルをグッと踏み込んでホットに走りたい時は、各ギヤでしっかり高回転まで回してF1マシンのようにシフトラグの小さいシフトアップで加速する。パドルを使用したダウンシフトも早く、しっかりエンジンブレーキを使用してコーナーへのターンインが可能。

 そこから加速してコーナーを脱出する時にもモーターによるブースト加速がヘルプするのでなかなかスポーティなドライビングだ。

 また、安全装備面ではSクラス譲りのインテリジェントドライブなど、ふいに現れた渋滞後尾への衝突回避及び軽減ブレーキやレーンキープアシストなど、メルセデスならではの安全装備が目につくのだ。

次ページは : ■ハイブリッドでありながら鋭くスポーティ:レクサス IS300h

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ