トヨタがEV用のMTを開発!? これが完成すればMT好きが殺到!!

トヨタがEV用のMTを開発!? これが完成すればMT好きは殺到!!

 新しいシビックのハイブリッド、e:HEVは、スポーツモードにすると加速中にエンジン回転を上昇させて、まるでエンジンの駆動力で加速しているように錯覚させるだけでなく、シフトアップしているようにエンジン回転を一度低下させて再び上昇させるという細工まで仕込まれている。

 室内のスピーカーには、さらに気分を盛り上げるべくエンジンサウンドを強調する仕掛けまで施されている。燃費を最優先したようなハイブリッドカーでも、運転を楽しめるようにホンダはユニークなスポーツモードを開発して搭載したのである。

 これで思い出されるのは、2022年2月に業界を騒然とさせたトヨタが米国に申請した特許の件だ。EVでもMT車の走りが楽しめるようにと、なんともキテレツなシステムを特許申請したのである。

 その内容の紹介には間違った情報も見受けられたので、ここで正確な情報を紹介するとともにそこから広がる新たなクルマの楽しみについて、お伝えしたい。

文/高根英幸
写真/特許庁、トヨタ、ベストカーweb編集部

【画像ギャラリー】まるでレーシングシミュレーター!? トヨタが特許庁に申請したEV用バーチャルMT(6枚)画像ギャラリー

■電動車の変速機とトヨタ特許の全容

トヨタ bZ4X
トヨタ bZ4Xのダイヤル式シフト
ホンダ シビックe:HEV

 まずトヨタが特許申請したシステムには変速機は存在しない。EV用のMTを開発したという情報も散見されたが、そもそもEVに多段式の変速機を採用する合理的な理由はない。

 というのも、EV自体が非常に効率的なパワートレインとなっており、エンジンほどの細かな変速を必要としないからだ。エンジンはハイブリッド化の一方で、変速機の多段化やCVTによる変速比幅の拡大が、効率のいい走りに貢献している。

 しかしモーターは驚異的なほど幅広いトルク特性と回転数域を誇り、負荷の小さいときには高回転でも電力消費が少ない。変速機が必要となるのは、モーターの回転可能域を超えるような速度幅に対応する時だ。

 レクサスLSのハイブリッドは高回転型モーターを減速して利用しているから、高速道路巡航用に減速比の低いギアが必要であったし、ポルシェタイカンは静止から300km/hを超える高速域まで効率良く走らせるために2速の変速機が必要だったのだ。

トヨタが特許庁に申請したEV用疑似MTの資料
特許を申請したEV用の疑似MTに関する資料
トヨタが意匠登録をしたスポーツモデル。こうしたマシンに今回の疑似MTが装備されるのだろうか?

 そのためトヨタが考案したのは、シビックe:HEVと同じようにモーターで走りながらもエンジンと変速機を組み合わせているかのように思わせる仕掛けだ。

 ギミックと言ってしまえばそれまでだが、EVは効率がいい反面、それだけ運転操作がシンプルになり、スポーツドライビングを楽しむ要素が少ないことになる。それに対する対策として、MTのような操作を盛り込んだ、ということだ。

 トヨタが提案しているのは、モーターの制御を複雑にすることによって、あたかもドライバーがMTを操作して走らせているような反応を実現するシステムなのである。

 そのためシフトレバーとクラッチペダルは与えられているが、物理的なクラッチと変速機は存在しない。したがって、クラッチペダルを使わないセミATモードや、完全に自動変速していくようなATモードも再現可能だ。

 クラッチペダルもシフトレバーもドライバーの操作を受け付け、それに対して操作感をフィードバックする。それと共に、エンジン車のMTであればシフト操作によって生じるエンジン回転数の変化とトルク感の変動をサウンドと視覚、体感によってドライバーが感じるようにモーターを制御するのだ。

 こんなものは「まやかし」でしかない、と思う硬派なクルマ好きもおられるだろう。確かにこれはクルマを運転しているものの、実際の走行には不要な操作とも言えるものだ。

トヨタが2021年12月に開催したBEV戦略に関する説明会にて披露されたBEV「SPORT EV」
BEV戦略に関する説明会で公開されたBEVのレクサスエレクトリファイドスポーツ

次ページは : ■クルマの運転を楽しむバーチャルな環境が急成長

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ