N-BOXに勝つにはなにが必要!? スペーシアタントが頑張るべきポイント

N-BOXに勝つにはなにが必要!? スペーシアタントが頑張るべきポイント

 担当の家族がN-BOXの新車を契約。もちろん残価設定ローンで購入したわけだが、当然買うにあたってスペーシアやタントも見に行った。ご存じの通り、車体価格自体は大きな差はない。

 だが、価格帯が同じにもかかわらず残価率の違いにより月々の支払額はかなりの差が!! 見積を見てN-BOXに人気が集中するのも納得であった。

 最近の販売台数をみると順位を落とす月もあるが、やっぱりN-BOX人気は凄まじいモノ。となればスペーシアやタントがN-BOXに勝つために必要な要素は一体なんだ!?

文/青山尚暉、写真/HONDA、DAIHATSU、SUZUKI

【画像ギャラリー】スーパーハイト系軽自動車の王者・ホンダ N-BOXと王者を追うスズキ スペーシア&ダイハツ タント(17枚)画像ギャラリー

■販売台数はライバルの倍! N-BOXの人気は凄まじい

現行型は2017年登場のホンダ N-BOX。日本一売れている軽自動車だ

 日本でイチバン売れている軽自動車はホンダ N-BOXだ。月によっては全乗用車の中で販売台数1位に輝くこともある。

 実際、直近の2022年7月の軽自動車販売台数で見ると、N-BOXが1万7105台(前年比112.9%)でダントツのトップ。

 以下、2位にダイハツ ムーヴ8673台、N-BOXと同じスーパーハイト系軽自動車のスズキ スペーシアが3位で8485台。同ダイハツ タントは5位で6485台。日産ルークスは6位の6197台となっている。つまり、N-BOXは2位のムーブ、3位のスペーシアの倍前後も売れている。

 では、何故、同じスーパーハイト系軽自動車であり、両側スライドドアや室内空間の広さに特徴があるスペーシア、タントといったスーパーハイト系軽自動車が、N-BOXに敵わないのか?(月によってはスペーシアが1位だったこともある/2022年5月)。

 ここでは、その理由と、どうしたらタントやスペーシアが王者N-BOXに勝てるのかを考察してみたい。

■ブランド力にド派手な見た目がキモ!! N-BOX人気の理由がスゴい

スーパーハイト系軽自動車の元祖であるダイハツ タント。初代の登場は2003年(写真は2019年登場の現行型)

 N-BOXが人気なのは、ここ最近、大人気のスーパーハイト系軽自動車の元祖、だからではない。

 このカテゴリの元祖は2003年に登場した初代タント。つぎに古いのが初代日産ルークスの2009年~、そして初代N-BOXが2011年にデビュー。スペーシアはそこから遅れること2年の2013年の登場だ。つまり、歴史があるから定番となり、絶対人気となっているわけではない。

 N-BOXが圧倒人気を維持し続けていられるのは、まずはNシリーズの極めて高いブランド力だ。ホンダNシリーズとして主役たるN-BOXを始め、N-WGN、N-ONE、N-VANの4車種を揃え、シリーズとして乗用車から商用車までのあらゆるニーズに応えている。

 N-ONEに至っては、軽スポーツカーのS660と同じ6MTまで用意されているほどだし、大流行中にアウトドア、車中泊には”働くクルマならぬ、大人が真っすぐ寝られるクルマ”のN-VANがしっかりと応えている。

 エクステリアデザインも見事だ。Mクラスボックス型ミニバンのステップワゴンを縮小したかのような堂々たる佇まい、存在感、そしてカスタムグレードは迫力あるフロントマスクがもたらす精悍ささえ備えている。

 2トーンカラーのボディ、特にプレミアムアイボリー・パールII&ブラウン(コーディネートスタイル)なら、それこそ大人が堂々と乗れる渋さ、上級感さえ発散しているではないか。つまり、大人でも男性でも選びやすい。

 シートアレンジ性も、このクラスでは常識の多彩なシートアレンジに加え、車体後部にスペースがない場所でテールゲートが全開できない場面でも、後席の座面をチップアップ操作ではね上げて荷物を積める空間にアレンジできたりする便利さが詰まっている。

次ページは : ■走行性能も抜かりなし!! 先進装備拡充でコンパクトカー超え

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ