ながーい納車待ちに悩んでいる人必読!! 今のクルマに乗り続けたら損する? 得する?

ながーい納車待ちに悩んでいる人必読!! 今のクルマに乗り続けたら損する? 得する?

 いざ新車を買おうと思っても、数か月の納車待ちが当たり前となった今。「だったら今のクルマに乗り続けようかな」と考える人もいるに違いない。

 とはいえクルマは古くなると大きな故障の可能性も高まるし、税金の割り増しなども待っている。そこでクルマを乗り続けるのは損なのか得なのか、カーライフに詳しい渡辺陽一郎氏に分析してもらった!

文/渡辺陽一郎、写真/ベストカーWeb編集部、AdobeStock(トップ画像=javier@AdobeStock)

※画像はすべてイメージです。

【画像ギャラリー】買いたくてもクルマがない!! 古いクルマは税金が増える!! 買い換えか乗り続けるか? どうすりゃいいの!?(5枚)画像ギャラリー

■新車不足が原因で中古車価格も高騰中

納期が6か月以上に達する車種が増え、中には1年以上も待たされる車種も。待てないユーザーが中古車へと流れている

 最近は新車の納期が大幅に延びている。以前は契約から納車までの期間が1か月から2か月だったが、今は3か月なら短い部類に入る。納期が6か月以上に達する車種が増えて、1年間も珍しくない。

 納期が遅延する理由は、一般的には半導体の不足とされるが、自動車メーカーの開発者は「さまざまな供給が滞っている」という。半導体が中心ではあるが、信号を伝えるワイヤーハーネス、塗料、樹脂など、供給が遅れている品目は多い。

 そして新車の納期遅延は、中古車市場にも影響を与える。今の新車販売では、約80%が乗り替えに基づくためだ。新車の納期が遅延して売れ行きが下がると、新車の販売に伴って発生する下取り車も減り、中古車市場の流通台数まで下がってしまう。

 その結果、中古車価格が上昇している。例えばヴェゼルe:HEV・Z・2WDの新車価格は289万8500円だが、走行距離の少ない中古車は、300万円を超える価格で販売されている。

 ヴェゼルは大量に販売されるコンパクトSUVで、プレミアム価格が付く特殊な車種ではないが、ハイブリッドのe:HEVは納期が6か月以上と長い。そのために中古車需要が高まり、中古車価格も高騰させて、走行距離の短い車両は新車価格を上まわった。

 ちなみに2022年7月のオートオークション(中古車の競り市)における成約単価は、前年同月の1.2倍から1.3倍に上昇している。中古車の供給台数が不足して、需要を下まわった結果、中古車価格が大幅に高まった。

■売買の回数が増えるほどクルマの値段は高くなる

ながーい納車待ちに悩んでいる人必読!! 今のクルマに乗り続けたら損する? 得する?
車検を取って現在のクルマに乗り続けるのと、新車や中古車に乗り換えるのとはどちらがいいのだろうか?(umaruchan4678@AdobeStock)

 こうなると一番困るのは、クルマを乗り替えたいユーザーだ。先に触れた通り今の新車需要の約80%は乗り替えに基づくから、新車の納期が延びたり中古車価格が高騰すると、今まで使ってきた愛車の車検を取って乗り続けねばならない。

 これは損失に繋がるのではないか? 愛車の車検を取って乗り続けることと、新車や中古車に乗り替えることのメリットとデメリットを考えたい。

 まず新車や中古車の価格には、ざまざまなコストが含まれ、これは売買の回数が増えるほど上乗せされていく。まず新車を買うと、その価格には、製造メーカーと新車販売会社の利益が上乗せされている。

 この新車を数年間にわたって使い、売却すると、買い取った中古車販売店のコストもプラスされる。オートオークションに出品すると、その費用も加わり、購入した中古車販売店の利益も乗せて中古車市場に流通させる。

 従って1台のクルマが売買の回数を増やすほど、業者のコストもたくさん上乗せされ、価格が割高になっていく。何度も売買を繰り返された中古車は、低年式だから価格自体は安いが、商品価値はそれ以上に低いことになるわけだ。

 そうなるとクルマ関連の出費をなるべく少なく抑えたいなら、売買の回数を少なく抑えるのが最も効果的だ。新車を購入したら、消耗品以外の各種パーツの交換、故障が増え始めるまで使いたい。

 その時期は車種や使い方によって異なるが、一般的には10年/10万kmから12年/12万kmだ。日本における乗用車の平均使用年数(乗用車の平均寿命)は、14年弱とされ、そこに近付くとパーツ交換や故障も増える。それまで使うのが得策だ。

 なお1年間の走行距離が5000km程度に収まり、定期点検を受けている車両は、14年/7万kmでもパーツ交換や故障が増えず問題なく使える場合もある。

次ページは : ■充実した運転支援機能は新型車の大きなメリット

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ