マットブラックのランクルプラド特別仕様車が完売! 全身黒づくめのSUVはなぜ人気なのか?

マットブラックのランクルプラド特別仕様車が発売1ヵ月で完売!! 全身黒づくめのSUVはなぜ人気なのか?

 最近、街中を走っていると、全身黒づくめのクルマを見る機会が多い。ゲレンデヴァーゲンやジープラングラー、レンジローバー、ランボルギーニなどが多いが、その人気を反映させたのか、トヨタがランクルプラドやC-HRの黒づくめの特別仕様車を発売した。

 今年7月には世界一黒いといわれる塗装が施されたポルシェ911が話題となったのが記憶に新しい。なぜ今、全身黒づくめのSUVが人気なのか、迫ってみた!

文/柳川洋
写真/ベストカーweb編集部、トヨタ

【画像ギャラリー】渋い艶消しの黒から車型の黒い穴に見える闇黒まで!!「ブラック・イズ・ビューティフル」なクルマたち!!(8枚)画像ギャラリー

■ブラックアウトされたプラドはやはり人気だった

2022年8月に発売されたトヨタ ランドクルーザープラド特別仕様車 TX“Lパッケージ・Matt Black Edition”

 8月1日に発表された、ランドクルーザープラドのTX ”Lパッケージ・Matt Black Edition”。

 ラジエターグリル、ヘッドライト、フォグランプ周りとアルミホイール、バックドアガーニッシュ、ルーフレールが、通常のシルバーのメッキではなくマットブラック、つまり艶消しの黒で塗装された特別仕様車で、クルマ全体からにじみ出る迫力が半端ない。

 都内のトヨタディーラーの基幹店舗の新車販売責任者に聞いたところ、プラドそのものは2009年からのロングセラーモデルにも関わらず、この特別限定車への問い合わせが発表以降非常に多いそうだ。

 特別仕様車ということで、台数限定なのかと思ったが、実は期間限定での発売という。しかし現時点ではいつまでの販売とは決められていないらしい。通常のTXの12万円高で外装部品をマットブラックに変更していてそれ以外はTXと同一のため、限定車とはいえ柔軟に生産が行えるということなのだろう。

 8月26日時点での納期の目安は2023年4月上旬の予定で、納車まで7ヵ月はかかるということだったが、その後、9月に入り、8月末で受注停止(標準グレードを含む)になったという連絡が入った。

 外装色はブラックとブラックメタリック以外にもパールホワイト、レッドメタリック、ブロンズメタリックが選べる。通常のプラドだと、外装色の一番人気はパールホワイトで全体の4割、ブラックは二番人気で3割程度だというが、Matt Black Editionはやはり「全て真っ黒」にしたい人が一番多いという。まさに全身黒づくめ、恐るべしである。

■全身黒づくめはメルセデスベンツ、BMWが多い?

 そもそも”全身黒づくめ”のルーツはどこにあるのだろうか? 古くは、10年ほど前だろうか。ランボルギーニやフェラーリ、ゲレンデヴァーゲン、ジープラングラーにマットブラックのカーラッピングが流行したことが始まりと思われる。

 メーカー純正としては、3~4年前頃からメルセデスベンツ&メルセデスAMG、BMWが全身黒づくめの限定車を出してきた。例えば2019年に登場したAMG G63のエディションマットブラック、2020年8月にはGLC 220d 4MATIC特別仕様車としてアブティシアンブラックの「ナイトエディション」を発売、そのほかにもAMG GTのナイトエディションなどマットブラックの限定車を多くリリースしてきている。

2019年に販売された特別仕様車メルセデス・AMG G63 エディション マットブラック
2020年8月に発売された特別仕様車、GLC 220d 4MATIC。ボディカラーにオブシディアンブラック(とダイヤモンドホワイト)を用意。オプションの“AMGスタイリングパッケージ”をベースに、 通常シルバー加飾となるフロントグリル/スポイラー、ウィンドウモール、リアバンパー、ルーフレールなどにブラックカラーを施し、ハイグロスブラックペイントの19インチツインスポークアルミホイールを採用

 いっぽうBMWは“ブラックエディション”や“ピュアブラック”、“ブラックアウト”の名を与えたブラック仕様の特別仕様車を登場させることを見ても、ブラックの特別仕様車を販促素材として巧みに活用していることがわかる。

 サファイアブラックのボディカラーにハイグロスブラック仕上げのキドニーグリル/バーやブラッククローム仕上げのテールパイプを与えたBMW118dピュアブラックや内外観を漆黒で統一した限定車「8シリーズフローズンブラックエディション」を発売。

2019年9月のフランクフルトショーに出展されたBMW X6のコンセプトカー

 ナノレベルの超微細なカーボン素材で覆われた「ベンタブラック」と呼ばれる、まさしくスペシャル素材で仕立てられたBMW X6は、2019年9月のフランクフルトショーで披露された。

 このモデルに施されたベンタブラックコーティングは、世界で最も黒く、可視光の99%以上を吸収し、ほとんどすべての反射を除去するとされ、ボディ表面は、人間の目には明確な特徴を失い、2次元に見えるとされ、まさに吸い込まれるような“漆黒”に仕上げられていた。

 今年7月には、そのBMW X6を超える「世界一黒い塗料」を使用して、ポルシェ911の全塗装を施工(岐阜県岐阜市のピットワン)したことが話題になった。この「真・黒色無双」はX6に使用されたVantablack VBx2(全反射率1%)よりもさらに全反射率が低い(全反射率0.6%)という。

世界一黒いといわれる塗料で全塗装したポルシェ911

 全身黒づくめといえば、1980年代のハウスマヌカンやDCブランドブームを思い起こされるが、現代のファッションにおいても黒づくめは最先端であるようだ。

 ストリートファッションの巨匠として世界的に知られる藤原ヒロシ氏が、2021年6月、マセラティとコラボした限定車「ギブリフラグメント」を発売した。

 このギブリフラグメントを手がけた藤原ヒロシ氏はデザイン集団「Fragment Design」を主宰し、世界のさまざまなブランドやアーティストとコラボレーションしてヒット作を生み出しているのでご存知の方もいるだろう。

 黒(オペラネラ)と白(オペラビアンカ)の両モデルが用意され、全世界で175台、日本ではオペラネラが36台、オペラビアンカが4台販売となった。

次ページは : ■全身黒づくめの特別仕様車はトヨタが力を入れている

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ