個性派24モデルから選ばれるナンバー1は!? 2022年上半期輸入車新モデルトップ5!!

個性派24モデルから選ばれるナンバー1は!? 2022年上半期輸入車新モデルトップ5!!

 半導体不足や世界情勢の変化などが騒がれた2022年上半期だが、こんな厳しい状況においても数多くの輸入車が日本に導入された。

 そこで、国沢光宏氏、鈴木直也氏、片岡英明氏、渡辺陽一郎氏の4名が2022年上半期に登場した輸入車のトップ5を決定!!

  電気自動車からスポーツカーまで、多種多様なモデルが登場した中で、ナンバー1に輝くモデルは何だ!?

※本稿は2022年7月のものです
文/国沢光宏、鈴木直也、片岡英明、渡辺陽一郎、ベストカー編集部、写真/ベストカー編集部、ステランティス、ロータス、BMW、ランドローバー、ルノー
初出:『ベストカー』2022年8月26日号

【画像ギャラリー】2022年上半期輸入車TOP5の顔ぶれをギャラリーでクイックチェック!!(12枚)画像ギャラリー

■2022年上半期の輸入車新モデルTOP5を決定!!

【TOP5決定のルール】4名それぞれの名前下にある5台が各人のTOP5。1位:10点、2位:9点……5位:6点と配点し、車種別の合計点数で「総合1位~5位」を決定。

●2022年上半期輸入車新モデル一覧
・BMW i4(2月)
・BMW 2シリーズクーペ(3月)
・BMW 7シリーズ(4月)
・BMW 2シリーズアクティブツアラー(6月)
・メルセデスベンツ Cクラスオールテレーン(2月)
・アウディ A8(4月)
・VW パサートGTEヴァリアント(4月)
・シトロエンC4(1月)
・シトロエンE-C4(1月)
・DS9(3月)
・DS4(4月)
・プジョー 308(4月)
・ルノー アルカナ(2月)
・ルノー ルーテシアE-TECH HYBRID(6月)
・ロータス エミーラ(4月)
・フィアット500e(4月)
・ボルボ C40リチャージ(1月)
・ボルボ XC40リチャージ(5月)
・ボルボ XC60リチャージ(5月)
・ランドローバー レンジローバー(1月)
・グランドチェロキーL(1月)
・テスラモデルY(6月受注開始)
・ヒョンデ IONIQ5(1月)
・ヒョンデ NEXO(1月)

■国沢光宏のトップ5

国沢光宏氏が1位に選出したロータスエミーラ。直4、2LターボモデルとV6、3.5Lスーパーチャージャーの設定があり、ファーストエディションの価格は1386万~1452万円

・1位…ロータスエミーラ
・2位…ヒョンデ IONIQ5
・3位…ボルボ C40リチャージ
・4位…ルノー ルーテシアE-TECH HYBRID
・5位…DS9

 輸入車も売れ筋モデルが入っていないですね。強いて言えばルーテシアのハイブリッドくらいか。このクルマ、ノートオーラを考えているなら迷う価値あり! 特に速度域が高いトコロでの気持ちよさは素晴らしい! 

 IONIQ5(ヒョンデ)、現在販売されている電気自動車のなかじゃ世界一。面白い狙い目のクルマだと思う。

 エミーラ(ロータス)、気持ちがグラつきすぎて、乗ってもいないのに1位にしちゃいました〜。

■鈴木直也のトップ5

鈴木直也氏が1位に選出したDS4。Cセグメントに属するモデルで、DSの世界観を体現したアバンギャルドな内外装デザインが特徴

・1位…DS4
・2位…BMW 2シリーズクーペ
・3位…テスラ モデルY
・4位…ボルボ C40リチャージ
・5位…フィアット500e

 輸入車は「国産では得がたい魅力」が欲しい。その視点からTOP5を選出。まず、DS4は何はさておきデザイン。カッコよさでは、今DSがダントツです。

 2シリーズクーペ(BMW)は絶版と思ってたら意外や生き残ったFRクーペの魅力全開。コンパクトとは言えないけど、それでもBMWのなかで最小のFRってとこがいい。

 テスラ モデルYは、輸入車でEVを買うならこれ一択。独自の充電網も素晴らしい。

次ページは : ■片岡英明のトップ5

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ