宝石箱のような時代だったな…世界で熱望される「ちょい古」国産スポーツカー5選

宝石箱のような時代だったな…世界で熱望される「ちょい古」国産スポーツカー5選

 今、ネオクラシックカー市場が熱い! ネオクラシックカーとは主に1980~90年代に製造されたクルマを指すが、この時代のクルマは、現代に通じる先端技術を採用しつつ、古き良きテイストも残した個性的なモデルが多く、2022年の現在でも高い人気を保っている。今回は、そうしたネオクラシックカーのなかから注目の国産5車種をピックアップして紹介しよう。

文/長谷川 敦、写真/トヨタ、日産、三菱自動車、ホンダ、スバル、FavCars.com、Newspress UK

【画像ギャラリー】もはや高嶺の花!? 今、ネオクラシックカーが激熱だ!!(13枚)画像ギャラリー

ワイルド・スピードの主役は永遠の人気車「トヨタ A80型スープラ」

ネオクラシックカーが大バズり!! これから注目したい旧くて新しいクルマ5選
アメリカでは通算4代目のトヨタ スープラとなったA80型。映画「ワイルド・スピード」ではノーマルよりも派手な出で立ちで登場し、劇中で大活躍している

 最初に登場してもらうのは、カーアクション映画のワイルド・スピード第一作から劇中で大活躍を演じ、日本はもとよりアメリカでも人気を集めたトヨタ4代目A80型スープラだ。

 日本ではかつてセリカXXと呼ばれていたスープラは、北米では最初からこの名称で販売されていて当地のユーザーにとってもなじみの深いクルマと言える。4代目の登場は1993年で、先代から大胆に変更された顔つきと、リアにそびえる大型ウイングが印象的だった。

 エンジンは3.0リッター直6が搭載され、自然吸気タイプとターボチャージャー装着の2バージョンを用意。ターボモデルは280psという高出力を誇った。前後サスペンションには路面追従性に優れたダブルウィッシュボーン方式を採用し、大パワーを確実に受け止める足回りと、空力特性に優れたボディが80(ハチマル)スープラの総合力を高めていた。

 現役当時から人気の高かった80スープラは2002年まで生産が続けられる息の長いモデルになったが、新たに施行された自動車排出ガス規制に対応できなかったため、この年の8月に販売を終了している。なお、スープラの次世代モデルが登場する2019年まで、このA80型が最後のスープラと言われていた。

 そんな80スープラが、現在ではネオクラシックカー人気の筆頭格として注目を集めている。国内中古車市場での相場価格は419万~1088万円とかなり高額だ。新車価格は295~455万円であったことを考えると相当な高騰ぶりと言える。映画ワイルド・スピードの影響か北米での中古車価格はさらに高く、平均で日本円にして1000万円を超えるという話もあるから驚き。

次ページは : 2000万円超の個体もザラ!?「日産 R34型スカイラインGT-R」

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ