もう二度と「あの時買っておけば今頃…」なんて後悔しないために…!! 値上がり必至の国産現行車たち4選

もう二度と「あの時買っておけば今頃…」なんて後悔しないために…!! 値上がり必至の国産現行車たち4選

 高騰する国産中古車の価格を眺めていて、「新車の頃に買っておけば」と思ったことがあるのではないだろうか。

 リセールのことを考えてクルマを購入することはないと言う人もいる。

 だが、次のクルマを買うかもしれない、と考えると、値落ちしにくい、もしくは値上がりしそうなクルマを狙うのは賢い買い物と言えるのではないだろうか。

 自動車評論家で中古市場に詳しい萩原文博氏に、値上がり必至の国産現行車を厳選、紹介してもらった。

※本稿は2022年8月のものです
文/萩原文博、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年9月26日号

【画像ギャラリー】今のうちに買っとく!? 将来値上がりしそうな現行国産モデルたちをギャラリーでチェック!(16枚)画像ギャラリー

■中古車相場が値上がりする要因には何があるのか?

 2022年3月、中古車のオートオークション運営会社最大手「USS」での2月の成約車両単価、すなわち1台あたりの平均落札価格が100万6000円を記録。

 集計を始めた1999年4月以降初めて100万円を突破し、中古車相場が高騰とニュースになった。

 そして翌月、3月の平均落札価格が91万1000円と下落すると、さまざまなメディアが、ロシアのウクライナ侵攻によって輸出がストップした影響だと報じた。

 その後ロシアのウクライナ侵攻は続いているが、中古車相場に目立った動きはない。

 以前、この値落ちとロシアへの輸出が止まったことは関係ない、とベストカーWebで書かせてもらったが、そのとおりの結果となっている。

 中古車相場が値上がりする要因はいくつかある。

 トヨタAE86のカローラレビン/スプリンタートレノのように、フルモデルチェンジによって駆動方式が変わってしまうケース。

 日産R34型スカイラインのように後継車がまったく違うモデルになってしまうケース。そして、マツダRX-7のように後継モデルがないケースなどだ。

 一見すると、値上がりするのはスポーツカーばかりと思うかもしれないが、スバルサンバーのようにスバルが生産していたRR駆動車の世代の中古車が値上がりするなんてケースもあるのだ。

 今回は、現在新車を販売している国産現行モデルのなかから今後中古車相場が値上がりしそうな4モデルをピックアップした。

 ちなみに4モデルとは別に、もうすでに値上がりしている車種がある。ホームページ上ですでに2022年モデルの販売が終了したとアナウンスしている日産GT-Rだ。

日産 GT-R。上位グレードや独自技術を採用したモデルは販売台数が少なく、必然的に中古車市場に流れる台数も少ない。限定車でなくとも、希少性から価格が上昇することがある。ネオクラもそうだが、将来的には今より高騰する可能性も秘めている
日産 GT-R。上位グレードや独自技術を採用したモデルは販売台数が少なく、必然的に中古車市場に流れる台数も少ない。限定車でなくとも、希少性から価格が上昇することがある。ネオクラもそうだが、将来的には今より高騰する可能性も秘めている

 現在、GT-Rの中古車は約144台流通していて、平均価格は約1479万円。中古車の価格帯は約715万~約2756万円となっている。

 2022年2月当時のGT-Rの中古車の流通台数は約117台で、平均価格は約995.1万円と1000万円以下だった。中古車の価格帯も約560万~約2689万円と500万円台の中古車も流通していた。

 4カ月の間にGT-Rの中古車の平均価格は約484万円も値上がりしてしまった。これは新車のGT-Rが手に入らなくなったこととリンクしているのは明らかだ。

 やや話がそれた。それでは次項から値上がり必至の4モデルを紹介しよう。

次ページは : ■今や貴重なハイパワー4WDマシン トヨタ GRヤリス

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ