ミニキャブミーブ進化せず再販てマジか!! スペーシアベース等ライバルに立ち向かう武器はある?

ミニキャブミーブ進化せず再販てマジか!! スペーシアベース等ライバルに立ち向かう武器はある?

 見事復活を果たした三菱 ミニキャブミーブは、ざっくり言うと軽バンのEVモデル。一般向けモデルが一時生産終了となったが、再販されることとなったのだ。今や軽バンはビジネスユースだけでなくアウトドアなど個人で愛用するひとも少なくない。その筆頭がN-VANであり、スペーシアベースである。

 これらモデルは内燃機関モデルながらオプションのAC電源を選べば、PCなどのガジェットを充電することも可能。でもミニキャブミーブはEV!! もっと凄いことがデキるのでは? それに加えてまったく内容が変わらなかったミニキャブミーブに臨む改善点とは?

文/山本晋也、写真/ホンダ、スズキ、三菱、ベストカーWEB編集部

【画像ギャラリー】非EVなのに電源が!? 車中泊に超おすすめの軽バンたちがコレ(16枚)画像ギャラリー

■キャンプで電気使うのは今や常識!? 非EVでも家電が使える軽バン続々

ホンダ N-VANのDC12Vアクセサリーソケット
ホンダ N-VANのDC12Vアクセサリーソケット

 軽バンをレジャーに使うムーブメントは盛り上がるばかり。車中泊を楽しむだけでは飽き足らず、キャンプ仕様に作り込んでいるユーザーも少なくない。

 キャンプといえば薪を使った火による調理や暖を取ることを思い浮かべがちだが、昨今は安全性の観点から電気供給へのニーズも高い。そのためクルマで利用することを前提としたオートキャンプ場やRVパークでは車両に電力供給をする設備が備わっていることも増えている。

 そうした外部電源を車内で使うためのコネクターや配線というのは、キャンピングカーでは割と当たり前の装備だったりする。

 そのため、ホンダ N-VANやスズキ スペーシアベースにはそれぞれディーラーオプションとして、外部電源を利用するためのアクセサリーが設定されている。こうした装備があればAC100Vを車内で利用できるため、普段使っている家電をキャンプで利用することができるのだ。

■ミニキャブミーブは車内にコンセントなし!! 家電使うのは非現実的……

販売を再開する三菱 ミニキャブミーブ
販売を再開する三菱 ミニキャブミーブ

 家電を使えるといえばEV(電気自動車)を思い浮かべる人も多いだろう。現時点で軽バン唯一のEVといえば、先ごろ一般販売が再開した三菱 ミニキャブミーブがある。

 はたして、ミニキャブミーブでは家電を利用することはできるのだろうか。結論から言ってしまえば、家電を使うことは可能だが、コストと実用性から割に合わない。

 EVの駆動用バッテリーから電力を取り出し、家電などを動かすことを専門用語では「V2L(Vehicle to Load)」という。車内にACコンセントを備えているEVであれば、車両をACC状態などにして、そこに電源プラグを挿せばV2Lが可能になる。

 しかし、ミニキャブミーブの場合は、メーカーオプションでもAC電源は用意されていない。V2Lをするには、急速充電(CHAdeMO)ポートにつなぐ専用の外部給電装置をつなぐ必要がある。

 つまり、ミニキャブミーブのV2Lというのは車内で利用するというよりは、駆動用バッテリーの電力をアウトドアで利用するというイメージになっているのだ。

 しかも、そのコストは想像する以上に高い。三菱自動車のミーブ・シリーズに対応した外部給電装置として知られているニチコン「パワームーバー」の価格は税別65万円。個人ユースで利用するというよりは、自治体などが災害時に避難所など使うために備えておくという製品であり、高額だ。

次ページは : ■連続使用すると5時間で電欠に……車中泊するならポータブル電源を

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

GR86の4ドアモデル、出る!! 三菱トライトンを雪上初テスト! 注目情報を満タンでお届け「ベストカー3月10日号」

新型スズキスイフト、レクサスLBXなど注目の新型車が続々登場! 「ベストカー3月10日号」! 今年も名物企画「雪上テスト」開催! 三菱トライトンの実力をいち早く丸裸にしたぞ!