カローラはスリランカに需要あり? 5年後意外に高騰しそうなクルマ5選

カローラはスリランカに需要あり? 5年後意外に高騰しそうなクルマ5選

 コロナウイルス感染拡大や世界的な半導体不足などによって新車の納期遅延が長期化している車種も多い。その影響で中古車相場が値上がり傾向となっている。

 中古車で値上がりというと、日産 スカイラインGT-Rやホンダ NSX、マツダ RX-7といったスポーツカーをはじめ、トヨタ ハイエース、ランドクルーザーなど世界で人気の高いモデルが思い浮かぶ。

 カーボンニュートラルに向けて電動化が進められているため、今後新興国向けなどへ輸出される純ガソリン車の中には、人気モデル以外でも値上がり傾向となる車種が増えるはずだ。

 そこで、ここでは5年後に高値で売れるかもしれない“想定外なクルマ”を5車種選んでみた。信じるか信じないかはあなた次第だ。

文/萩原文博、写真/トヨタ、三菱、スズキ

【画像ギャラリー】こんな高値になっていると驚くか!? そうでもないなと笑うか!? 答え合わせは5年後!!(20枚)画像ギャラリー

トヨタ カローラアクシオ

2012年登場のトヨタ カローラ アクシオ。3ナンバーサイズとなったカローラが登場した現在でも5ナンバーサイズセダンとして併売されている
2012年登場のトヨタ カローラ アクシオ。3ナンバーサイズとなったカローラが登場した現在でも5ナンバーサイズセダンとして併売されている

 まず取り上げるのは、トヨタ カローラ アクシオ。2012年にカローラシリーズ通算11代目として登場したカローラ アクシオは、TNGAを採用して3ナンバーサイズとなったカローラが登場した現在でも併売されている5ナンバーサイズセダンだ。

 カローラ アクシオが高値で売れる理由としては、同じ5ナンバーサイズセダンのプレミオ/アリオンがスリランカなどで人気車となっている。すでにプレミオ/アリオンは生産終了となっているため、その後継車としてカローラ アクシオが指名される可能性が高いと見た。

 カローラ アクシオは1.5Lエンジンのハイブリッド車もあるが、1.5Lや1.3Lという小排気量エンジンを搭載し、現在でも新車が販売されている1.5Lエンジン車には5速MT車もある。

 1万1000円のスペアタイヤと1万5400円のリアワイパーという2つのオプション装備を装着しておけば万全だ。

 また、カローラ アクシオの中古車の平均相場は、3カ月前の2022年7月の時点では約84万円だったが、現在は約93万円まで上昇している。すでに値上がり傾向は始まっているのだ。

 さらに、5ナンバーサイズのステーションワゴン、カローラフィールダーも3カ月前の平均価格だった約105万円から現在は約110万円まで上昇中。こちらの値動きも注意したいところだ。

次ページは : 三菱 デリカD:5

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

 春とともに大ニュースが飛び込んできました! ランドクルーザーミニ改め、ランドクルーザーFJの決定的情報を本誌スクープ班が入手。詳細がバッチリ掲載の「ベストカー」3月26日号が発売中!! 走りのSUV特集やトヨタ帝国特集もあります!