よくぞ変えた&なんでそこ変えちゃったのよ!!? 2022年 マイナーチェンジ&改良グランプリ

よくぞ変えた&なんでそこ変えちゃったのよ!!? 2022年 マイナーチェンジ&改良グランプリ

 2022年も多くのクルマがマイナーチェンジや一部改良をおこなった。「そうそう、ここをこうしてほしかったんだよ!」という“かゆい所に手が届く”改良から、「ココなんで変えちゃったの……」というようなトホホな変更まで……2022年のマイナーチェンジ&改良を振り返る!

※本稿は2022年11月のものです
文/渡辺陽一郎、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年12月26日号

■ホンダ フィット(2022年10月 マイナーチェンジ&RS追加)

ホンダ フィットに新たに追加されたRS。バリバリのスポーツグレードではなく「日常+α」といったスポーティさだ
ホンダ フィットに新たに追加されたRS。バリバリのスポーツグレードではなく「日常+α」といったスポーティさだ

 ホンダ フィットは売れ筋のコンパクトカーだが現行型は不人気で、登録台数はフリードを下まわる。

 売れゆきを回復すべく改良を行った。パワーユニットが改良され、ハイブリッドのe:HEVは動力性能を向上させた。ノーマルエンジンも排気量を従来の1.3Lから1.5Lに拡大している。

 スポーティグレードは、ネスを廃止して、伝統のRSを復活させた。足まわりはRS専用で、街中を40km/h以下で走ると乗り心地が硬めに感じるが、操舵に対する反応は正確だ。

 峠道では外側に位置する前輪が踏ん張ってよく曲がり、危険回避時の安定性も高い。

■日産 キックス(2022年7月 マイナーチェンジ)

内装を洗練させて、e-POWERの動力性能も高めた日産 キックス。以前とは違う「SUVらしさ」を味わえる
内装を洗練させて、e-POWERの動力性能も高めた日産 キックス。以前とは違う「SUVらしさ」を味わえる

 キックス(日産)は人気のカテゴリーとされるコンパクトSUVだが、売れゆきは低調だ。2022年の登録台数は、ライズの約20%、ヴェゼルの約30%に留まる。不本意な売れゆきで改良を実施した。

 まずe-POWERを進化させ、駆動を行うモーターの最高出力を5%、最大トルクは7%向上。静粛性も改善された。

 さらに後輪に専用のモーターを搭載する4WDも追加した。後輪用モーターの最大トルクは10.2kgmとされ、路面の乾いた峠道を走る時でも4WDのメリットを感じる。

 特にSUVの場合、4WDは不可欠の機能だ。

■トヨタ ハリアー(2022年9月 一部改良・PHEVモデル追加)

トヨタ ハリアー。PHEVは20.5km/Lのハイブリッド燃料消費率(WLTCモード)を誇り、パワフルさと環境性能を両立。PHEVモデルの価格は620万円
トヨタ ハリアー。PHEVは20.5km/Lのハイブリッド燃料消費率(WLTCモード)を誇り、パワフルさと環境性能を両立。PHEVモデルの価格は620万円

 ハリアー(トヨタ)は上級SUVの人気車だ。販売のテコ入れを行う必要はないが、発売から2年を経過して改良を行った。特に注目なのがプラグインハイブリッドの追加だ。

 基本的にはRAV4 PHVのシステムと共通で、1回の充電により、WLTCモードで93kmを走行できる。そしてフロントモーターは、ノーマルタイプのハイブリッドに比べて動力性能を高めた。走りの余裕も増している。

 プラグインハイブリッドの走行性能は、ハリアーの上質な内外装や快適な乗り心地と親和性が高く、イメージリーダーになり得るグレードだ。

次ページは : ■まとめ

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

あのパジェロもセリカも復活する!! 春本番に胸躍る! ベストカー4月26日号

花より団子。桜よりベストカーですよ~。胸躍る春の到来とともにお届ける「ベストカー4月26日号」の注目特集はベストカーの真骨頂、SCOOP企画。あの三菱パジェロとトヨタセリカの復活誕生をズドーンと掲載しています。クルマ購入お役立ち特集「アナタの最適解教えマス」、「鈴木利男に参りましたと言わせたい!」特集など、盛りだくさんです。

カタログ