【ATとMT】何が得意で何が苦手?? 最新トランスミッションの長所と短所

 エンジンが生み出した力を効率良く伝えるうえで車に欠かせない「トランスミッション」。かつて「4速」が普通だったオートマチックトランスミッション(AT)ながら、今やなんと「10速AT」も登場。多段化が進む一方、小型車に多いCVT(無段変速機)もネガを改良し進化してきている。

 ひと昔前までATは「ダイレクト感に欠けるけど楽」と言われ、他方マニュアルトランスミッションは「伝達効率に優れるけれど、渋滞時などはかったるい」などといったイメージは、どのくらい変わっているのか? 最新ATとMT、それぞれの長所と短所を解説します。

文:鈴木直也/写真:編集部
ベストカー 2019年2月26日号


最新号

ベストカー最新号

次期シビックタイプRはハイブリッド化へ! 特集・ホンダ新車戦略|ベストカー11月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、ホンダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MX-30、エクリプスクロスPHEV、新型レヴォーグ、新型ルーテシアなど注目車種の情報から、「予算別&目的別ベストカー選び」「新型BRZ一部…

カタログ