スズキ ジムニーの顔がたまらん!! 10年後もデザインが評価される現行車5台

スズキ ジムニーの顔がたまらん!! 10年後もデザインが評価される現行車5台

 登場当初は拒絶する人も多かった、いわゆる「オラオラ顔」と言われるアクの強いフロントグリルデザインも、時を経ると多くの人に受け入れられている。自動車のデザインもテクノロジー同様に先が読めないと言えるだろう。そこで、10年後にも「良いデザイン」と言われるであろう現代のクルマを5台紹介!!

※本稿は2023年3月のものです
文/清水草一、写真/ベストカー編集部、トヨタ、ホンダ、マツダ、スズキ
初出:『ベストカー』2023年4月10日号

■デザインの時間的耐久性がカギとなる!!

まさに悟りの境地と言えるジムニーのデザイン。10年後も「現行型」として存在している可能性も大だ
まさに悟りの境地と言えるジムニーのデザイン。10年後も「現行型」として存在している可能性も大だ

 10年後も「ああ、いいデザインだったなぁ」と言わせるためには、デザインの時間的耐久性が絶対に必要だ。インパクトよりもシンプルな美! ということになるわけです。現行モデルでは、ジムニーがその最たるもの。現行ジムニーのデザインは悟りの境地としか言いようがない。

 ただ、近年の自動車デザインは、ユーザー側の価値観がどんどん変化しているし、シンプルな美に固執してたら、時代に取り残されてしまう部分もある。

 たとえば現行アルファード。強烈なインパクトで超大ヒットし、登場から8年たった今でも、デザインの評価は落ちるどころかむしろ上がっている。間もなくフルチェンジだけど、現行型のデザインを超えるのは不可能ではないか。

登場時よりもデザイン評価が高まっているアルファード
登場時よりもデザイン評価が高まっているアルファード

 10年後も、あの強烈なアイコン性は人々の脳裏に強く焼き付いているはずだ。フロントフェイスだけじゃなく、パネル面の複雑な造形もミニバンとして秀逸だったし、時代を作ったデザインだった。アルファードを挙げないわけにはいかないだろう。

次ページは : ■シンプル系デザインで輝くのは?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

GR86の4ドアモデル、出る!! 三菱トライトンを雪上初テスト! 注目情報を満タンでお届け「ベストカー3月10日号」

新型スズキスイフト、レクサスLBXなど注目の新型車が続々登場! 「ベストカー3月10日号」! 今年も名物企画「雪上テスト」開催! 三菱トライトンの実力をいち早く丸裸にしたぞ!