フットブレーキのみ使用すると最悪事故に!? 実践できるブレーキの正しい使い方を伝授

フットブレーキのみ使用すると最悪事故に!? 実践できるブレーキの正しい使い方を伝授

 フットブレーキを使いすぎると危険な状況になることも! エンジンブレーキをうまく使いたいけど、どのようにすればよいのか? 今回はクルマをスムーズかつ快適に運転するためのブレーキの使い分けを伝授!! 初心者ドライバーも上級者に仲間入り!? 

文/齊藤優太
アイキャッチ写真/tarou230-stock.adobe.com
写真/Adobe Stock、TOYOTA、NISSAN、HONDA、SUBARU、MAZDA、SUZUKI

■MTとATでのエンジンブレーキの仕組みの違い

ギアが低いほど強く効くエンジンブレーキ。MT車の場合は、エンジンブレーキによる急減速に注意(R_Yosha-stock.adobe.com)
ギアが低いほど強く効くエンジンブレーキ。MT車の場合は、エンジンブレーキによる急減速に注意(R_Yosha-stock.adobe.com)

 エンジンブレーキとは、アクセルを戻してエンジンの出力を抑えたときに生じるエンジンの回転抵抗による減速です。

 ペダルを踏んで減速するフットブレーキよりも緩やかに減速することができるため、少しずつ速度を落としたいときに使います。

 また、エンジンブレーキはギアが低いほど強く効きます。そのため、マニュアル車(MT)を運転するときには、エンジンブレーキによる急減速に注意しましょう。

 いっぽう、オートマチック車(AT)は、車がギアを自動で変速します。AT車でエンジンブレーキを効かせたいときも、アクセルを戻すことでエンジンブレーキが効きます。

 ただし、AT車の「D」レンジで走行しているときは、エンジンブレーキが弱いことが多いです。そのため、エンジンブレーキとフットブレーキを併用して減速することがほとんどです。

■MT車では調整できるけど…AT車でエンジンブレーキをうまく使うためには?

AT車はMT車に比べて、エンジンブレーキの効き具合の調整が難しい(Kumi-stock.adobe.com)
AT車はMT車に比べて、エンジンブレーキの効き具合の調整が難しい(Kumi-stock.adobe.com)

 エンジンブレーキは、緩やかに速度を落としたいときや下り坂などで速度を抑えたいときに使います。

 MT車の場合は、ドライバーが自分でギアを選択するため、エンジンブレーキの効き具合を調整することが可能です。

 しかし、AT車の「D」レンジで走行しているときは、車が自動でギアを選択するため、エンジンブレーキの効き具合の調整が難しい場合が多いです。

 AT車でエンジンブレーキを強く効かせたいときは、「B」や「2」または「1/L」レンジに入れると、「D」レンジのときより強くエンジンブレーキが効きます。

 また、パドルシフトやマニュアルモード付きAT車の場合は、ギアを下げる「-(マイナス)」にパドルやシフトを操作すると、エンジンブレーキを効かせることが可能です。

次ページは : ■「フェード現象」で最悪事故に? エンジンブレーキを使わないことによる危険性

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します