【BMW、ベンツ、ソアラ…】官能的な味わいを楽しむコスパ最強の直6搭載車たち

■現行BMWでベストコスパ直6はM2コンペティション

【歴代最強コスパ直6 第2位:BMW M2コンペティション】

 よって、現代BMWでコスパ最高の直6はM240iあたりでイイんじゃないの、と言いたいところなのだが、M240iの701万円に対してM2コンペティションは876万円(6MT)。

 この微妙な価格設定が悩ましい。1000万円超えのM3/M4に比べると、M2コンペティションの価格がえらく魅力的に見えてしまうのだ。

M2はコンパクトなサイズ感に直6を搭載したまさにエンスーライクな1台。高い剛性と安心感も備えるが、写真のようなFRらしい動き、そして直6のよさも楽しめる

 標準モデルのN55は前世代のN54から過給システムを簡略化してシングルターボ化されたが、決して悪いエンジンじゃない。

 いや、それどころかスポーツエンジンに分類してもいいくらい、トルキーで回転フィールも好ましい。

 しかし、M用のS55型は、フラッグシップモデルとして徹底したチューニングが施されていて、鍛造鋼を軟窒化処理したクランクシャフトを使うなど、そのスペックはコンペティション級。

 いくら実用上は大差ないとか言われても、マニア心を大いにくすぐるスペックが満載なのだ。

Mモデルに搭載される直6は同じ6気筒でも誂えが違う。写真のE46 M3に搭載されるS54はベースとなるB54がアルミブロックを採用するのに対して、耐久性を重視した鋳鉄ブロック。コストを考えると差額は安い?

 このあたりが、BMWの商売の上手いところ。じつに巧みにクルマ好きの物欲を刺激してくる。

 結局は「この価格帯で趣味性の高いクルマを買う場合、175万円の差は超えられないハードルとは言えない」と自分を納得させることになる。

 というわけで、魅力的な直6のコスパ第二位は、BMW M2コンペティションということになってしまうわけだ。

■ベンツの直6ディーゼルは中古でも狙いた

【歴代最強コスパ直6 第3位:ベンツSクラス S400d】

 趣味性を優先しためBMWにワンツーをさらわれたが、機能性本位で評価した場合はメルセデスの新型直6シリーズも抜群にいい。

 メルセデスの新世代直6には、ガソリンターボのM256型とディーゼルターボのOM656型が存在する。

 ガソリン仕様は48Vマイルドハイブリッドシステム搭載で、電動スーパーチャージャーやフライホイール直結のスタータージェネレータによる回生/アシストなど、いかにも現代的なハイテクエンジン。

S400dは直6ディーゼルという現代では少し珍しい構成。新車では1000万円オーバーと手の届きにくい価格だが、中古車での価格がこなれたらぜひ狙いたい

 ターボラグをまったく感じさせないスムーズなトルク特性や、意外なほどシャープな高回転パワーなど、実用エンジンとしてまさに「完璧」と評価したい優れたドライバビリティを備えている。

 しかし、実際に乗ってみてさらに感心するのはディーゼル仕様の方だ。「本当にディーゼル?」と耳を疑うほどの静粛性、これ以上ないほどリニアなトルク特性、ディーゼルとしてはピカイチの高回転域の伸び。

 どこを取っても、いま手に入る最高のディーゼルエンジンと、自信を持って断言できる。

 現状、まだ日本ではOM656型が搭載されるのはS400dのみだから、一般論としてコスパがいいとは言いかねるが、このエンジンの魅力だけでS400dの1138万円は「安い!」と感じられる。

 ガソリンのM256型を搭載するS450の1170万円、E450の1070万円と比べても、だんぜんOM656型の魅力が光っている。

次ページは : ■国産車はZ30ソアラがコスパ最強だ!!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!