超セレブミニバン新型「レクサスLM」の全貌 上海現地で徹底分析!!

超セレブミニバン新型「レクサスLM」の全貌 上海現地で徹底分析!!

 上海モーターショーでワールドプレミアを果たした新型レクサスLM。なんと新型は日本でも販売されるということで、富裕層を中心により注目度が上がっている1台。ミニバンのフラッグシップとして、VIPなユーザーも満足する仕上がりになっているのか?

文/加藤久美子、写真/加藤ヒロト

■2代目レクサスLMは新たな伝説を作るのか?

上海モーターショー初日にお披露目された新型レクサスLM
上海モーターショー初日にお披露目された新型レクサスLM

 4年ぶりのフルスケール開催となった上海モーターショー。初日となる4月18日、朝9時40分からLEXUSのプレスカンファレンスが行われ、新型レクサスLMがワールドプレミアを果たした。

 カンファレンスでは2023年3月にレクサスインターナショナルのプレジデントに就任したばかりの渡辺剛氏とトヨタ自動車(中国)投資有限会社(TMCI)エグゼクティブバイスプレジデント(EVP)李暉が登壇。新型LMのチーフエンジニアである横尾貴己氏も駆けつけた。

 TMCIの李暉EVPは「激動する時代の流れの中で、世代を越えてLEXUSの匠たちは、『温かみのあるラグジュアリー』の創造にこだわり続けてきました。」

 そして李暉EVPは新プレジデントの渡辺剛氏を以下のように紹介した。

「彼はかつてレクサスLCのチーフエンジニアであったトヨタ自動車の新社長佐藤恒治氏が率いた開発チームの重要なメンバーです。LEXUSのフラグシップモデルである『LC』の全開発に携わりました。続いて、LEXUSのBEV『UX300e』や『RZ』の開発を主導し、さらにはLEXUSの電動化戦略を推進してきました。」

 今回の上海モーターショーはトヨタ新社長佐藤恒治氏、レクサスインターナショナル渡辺氏がそれぞれトップに就任して初の国際モーターショーとなる。

 登壇した渡辺プレジデントは「LEXUSらしいクルマづくり」について語り、最後は「今や中国は世界最大の自動車市場に成長しました。中国のお客様に笑顔をお届けするために、製品開発は最優先事項です。次のレクサスモデルの開発に力を注いでいきます」のひとことで閉めた。

 初代LMやアルファードの登場で中国における高級ミニバン市場は劇的な変化を遂げつつある。2020年にLMが発売されて以降、中国の最高級ブランド「紅旗HQ9」を含め中国メーカーから高級ミニバンが次々と登場している。とはいえ、その中でもLMの人気、高評価そして価格(実際価格は日本円で3000万円以上)は異次元だ。

次ページは : ■2代目LMは日本でも発売!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!