新型プラドも横か!? 上開きだと雨でも楽なのに……ランドクルーザープラド横開きリアゲートにこだわり続けるワケ

新型プラドも横か!? 上開きだと雨でも楽なのに……ランドクルーザープラド横開きリアゲートにこだわり続けるワケ

 初代は観音開きも、以降のプラドはずっと横開きハッチ。パジェロもそうであったが、なぜ一般的な上開きではなく横にこだわり続けるのか!?そこには、プラドに残る慣習とこだわり、そして納得の理由があった。

文:佐々木亘/写真:ベストカーWeb編集部

■パジェロもそうだった!! 本格クロカンに謎に多い横開きハッチ

2代目モデル以降パジェロも横開きだった!! そうこのカタチこそ本格クロカンの証だったのだ
2代目モデル以降パジェロも横開きだった!! そうこのカタチこそ本格クロカンの証だったのだ

 一般的にバックドアやトランクの開閉は、上下方向に行われることが多い。上に開くバックドアは雨避けに使えたり、日よけに使えたりとアウトドアユースで非常に便利だ。

一方で重力に逆らって持ち上げなければならず、開ききったバックドアが高い場所に固定されることから、非力で背の低い人には使いづらいという欠点があった。

 しかし、昨今では電動パワーバックドアなる便利装備が登場し、上開きバックドアの不便さは大きく解消されている。

 最近は減っているが、横開き式バックドアもまだまだ健在だ。現行車ではプラドやジムニーが横開き式を採用し、これまでもパジェロやジープラングラー、軽自動車ではムーブなどでも採用されていた。

 ヒンジドアと同じ感覚で使うことができ、車両後方の空間が狭くても開閉できるのが大きな利点。さらに重力に逆らわずにドアを開閉できるため、上開きよりも小さな力で開け閉めできる。

 これまで多くのクロカン車で採用されてきた横開きのバックドア。プラドもその例にもれず、横開き式を現行型まで続けてきたわけだが、本家ランクルは既に上開きを採用している。

 なぜ、プラドは横開きのままなのか、そこにはクロカンならではの慣習と、プラドだからこその理由があった。

■背面タイヤこそ本格クロカンの証!? 重さから考えるに横開きが有利

まもなく登場見込みの新型プラドも引き続き横開きとなる可能性大!!
まもなく登場見込みの新型プラドも引き続き横開きとなる可能性大!!

 1990年に登場した初代プラドでは、バックドアは観音開き式を採用していた。1996年に登場した2代目から現行型まで、25年以上もプラドのバックドアは横開きの1枚ドアである。

 なぜ、横開きの1枚ドアを採用するのか。それはプラドのような本格クロカンには、背負うものがあるからだ。

 ユーザーの大きな期待はもちろん背負っているが、もうひとつ。クロカン四駆は、スペアタイヤをバックドアを設置するケースが多い。

 荒れ地を走り、パンクリスクの高いクロカン車は、スペアタイヤを取り出しやすくするため、車両背面に取り付ける。

 大きくて重いタイヤをバックドアに取り付けると、上下に開閉させることは難しくなるため、必然的にバックドアは横開きになるのだ。

 横開きのバックドアは本格クロスカントリーの証明。プラドの中にはオフロードを駆け抜ける熱い魂が、今もなお残り続けているのだ。

次ページは : ■現行型はスペアタイヤを背負ってないのに何で横開きのまま?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します