次期型はないかも!? なくすのは惜しい現行車 5選

 新車市場では激しい生存競争のなか1代限りで消滅する車も少なくない。そんななか2代目、3代目とモデルチェンジを重ねられるのは、“人気車”の証でもあり、車にとってはひとつの勲章でもある。

 ところが、モデルチェンジを重ねていても、最近なかなか“次のモデル”の情報が伝わってこず、販売継続が不透明な車種もある。

 そこで、本稿では「なくすなんてもったいない!」と思える現行モデルに光を当て、その魅力を改めて解説したい。

文:片岡英明/写真:編集部


日産 キューブ/2008年発売

キューブ/全長×全幅×全高:3890×1695×1650mm、2019年3月販売台数:575台、価格:178万2000円(15X Vセレクション)

 大ヒットした2代目マーチのプラットフォームとパワートレインなどを採用して1998年に登場したハイトワゴンがキューブだ。

 初代は大方の予想を裏切ってクリーンヒットを飛ばしている。そして、マーチのモデルチェンジにより、2002年10月に2代目キューブにバトンを託した。

 ハイトワゴンとミニバンのクロスオーバーコンセプトを掲げて登場したが、注目したいのは非対称の後席ドアに横開きのリアゲートを組み合わせたことだ。背を高くした高効率パッケージと相まってコンパクトカーを超えた快適な空間を実現した。

 2008年にはコンセプトと独創的なキュービックフォルムを変えることなく、現在も販売を続ける3代目を送り出した。

 2代目までは国内専用モデルだったが、3代目は違う。個性的なデザインと左右非対称デザインが外国人にもウケたから、左ハンドルの海外向けモデルも同時に開発したのである。

 誕生から11年目に突入した古参モデルだから販売台数は月に300〜500台程度だ。

 が、パネル面を立てたデザインだからキャビンは快適で広いし、ラゲッジルームの使い勝手もいい。横開きのリアゲートは狭い場所で開け閉めしやすい。小物もラクに収納できる。

 キューブは潜在層も少なくないから、このまま消滅させるには惜しい逸材だ。環境性能と先進安全装備を充実させ、キュートなデザインと機能に徹したインテリアの4代目をぜひとも誕生させてほしい。

三菱 パジェロ/2006年発売

パジェロ/全長×全幅×全高:4900×1875×1870mm、2019年3月販売台数:89台、価格:428万2200円(エクシード、ディーゼル)

 日本にSUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)ブームを巻き起こした名門ブランドが三菱のパジェロだ。

 三菱の前身の新三菱重工業は、戦後間もなくの1953年にジープを生産していたアメリカのウイリス社とライセンス契約を結び、日本でジープの現地生産を開始した。が、輸出はできないので、ジープ生産のノウハウを結集してパジェロを生み出したのである。

 1982年に登場した初代のパジェロはアウトドアブームとパリ-ダカールラリーでの活躍を追い風に、60万台以上を売り上げるヒット作となった。

 1991年には2代目が登場し、初代モデルを凌ぐ大ヒットを飛ばしている。1999年に生産を打ち切ったが、その少し前に累計の輸出台数は125万台を超えた。もちろん、日本でもSUVの代名詞となっているから年間3万台を超える平均販売を記録している。

 だが、これに続く3代目はパジェロを徹底的に研究したランドクルーザープラドに母屋を取られて苦戦。

 2006年に登場した4代目も、進化が小さかったことに加え、三菱の相次ぎ不祥事が足を引っ張って失速した。今では月に50台ほどの販売にとどまっている。基本設計は古くても月に2000台以上をコンスタントに販売しているプラドと比べると影が薄い。

 そして、2019年4月24日に国内向けのパジェロは8月で生産を終了すると発表された。パジェロの国内販売は37年で終止符を打つ。

 道を選ばずに走破できる高いポテンシャルを秘め、快適性も高い。プレミアムSUV市場は今も活況を呈しているから整理されてしまうのは惜しい。

 レンジローバーやディスカバリーのように、今の時代に合わせた進化を行えば生き残る道はありそうだ。三菱はRVRやミラージュなど、多くの車名を復活させてきた。パジェロもそうなることを祈りたい。

トヨタ プレミオ・アリオン/2007年発売

プレミオ/全長×全幅×全高:4595×1695×1475mm、2019年3月販売台数:1223台、価格:209万7163円(1.5F Lパッケージ)

 プレミオとアリオンは、日本を代表するファミリーカーのコロナとカリーナの後継セダンだ。日本の道路環境で運転しやすいように小型車サイズの中に収め、車両感覚もつかみやすいように配慮している。

 エンジンもボトムはカローラと同じ1.5Lの直列4気筒DOHCだ。現行モデルのデビューは2007年6月だが、登場から9年になる2016年6月に大がかりなマイナーチェンジを断行した。

 内外装を高級ムードに仕上げるとともに、衝突回避支援システムの「トヨタセーフティセンスC」を設定したのである。

 12年目になる今でもプレミオは1000台を超える販売を記録し、兄弟車のアリオンも500台前後売れ続けている。

 基本設計は古いからスポーティな走りは苦手だが、穏やかな乗り心地だし、運転もしやすい。他のジャンルのクルマより後席の快適性を重視しているから、ドライバーだけでなく後席に座る人も居心地がいい。トランク容量だって不満のない広さだ。

 多くの項目において平均点が高いから、時代の要請に合わせて先進安全装備と快適装備を充実させ、燃費のいいエンジンを積めば今後も安定して売れるだろう。

 高齢化社会のニッポンに望まれるのは、機動性が高く、上質なセダンなのだ。

日産 GT-R/2007年発売

GT-R(2007年発売)/全長×全幅×全高:4710×1895×1370mm、2019年3月販売台数:100台、価格:1351万6200円(50th Anniversary)※2019年6月発売、限定車

 言うまでもなく、GT-Rは日本が世界に誇るスーパースポーツクーペだ。

 高価なカーボン素材を用いたボディや専用設計となる3.8LのV型6気筒DOHCツインターボとゲトラグ製のツインクラッチ6速DCTなど、最先端テクノロジーをテンコ盛りしている。

 アウトバーンで300km/h出せるなど、実力は超一級だ。駆動方式は路面に関わらず強烈なトラクションが得られるフルタイム4WDを採用し、正確なハンドリングを実現した。

 すでに登場から12年になるが、たゆまぬ改良と進化によって今も意のままの気持ちいい走りを楽しめる。

 最新モデルはエンジンを高性能化しただけでなくシャシーのチューニングやボディ補強なども徹底し、さらに正確なハンドリングを手に入れた。スカイラインをルーツにするから4人乗れるのも魅力だ。

 次期GT-Rの姿は未だに見えてこない。また、「次期モデルはない」と断言する人もいる。が、GT-Rは日本の宝だ。電動化技術を盛り込み、痛快な走りを見せる次期作品、「令和のGT-R」の登場を期待したい。

スバル レガシィB4/2014年発売

レガシィB4(2014年発売)/全長×全幅×全高:4800×1840×1500mm、2019年3月販売台数:186台、価格:302万4000円(ベースグレード)

 路面に関わらず安心の走りを見せるフルタイム4WDにパワフルなターボを組み合わせ、痛快な走りを実現したレガシィは、平成を代表するスポーツセダンだった。ツーリングワゴンも新境地を切り開いている。

 日本以上に人気が出て好調なのは北米市場だ。毎年のように販売を伸ばし、スバルの高収益に大きく貢献してきた。

 レガシィの6代目は、好調な北米におもねるようにボディサイズを拡大したから前席だけでなく後席も広くて快適だ。進化した運転支援システムのアイサイトも頼もしいと感じる。

 だが、日本と同じように海外でも人気が高いのはアウトバックだ。セダンのB4は脇役に回り、販売していない地域も増えた。

 日本でも大柄なホディサイズが嫌われ、ターボ車もなくなったから販売は低迷している。2019年1月〜3月の販売台数は200台にも達していない。

 だが、ドイツのBMWやメルセデス・ベンツ、アウディなどのセダンは安定して売れている。ボディサイズは大きくなったが、質感は今一歩だし、デザインもコンサバだ。

 風格を漂わせるデザインと高い質感、気持ちいい走りを追求していけば、レガシィB4はいい車に成長するだろう。やり方次第では再評価され、売れる車になると思う。

◆  ◆  ◆

 文中でも触れているとおり、三菱のパジェロが2019年8月をもって日本向けモデルの生産を終了することを発表。また、レガシィB4も国内向けの販売は現行モデルで終了するといわれている。

 本稿で紹介している5台は、今でこそ販売不振に苦しんでいるものの、各々の個性と魅力がある。いずれも今買って長く付き合える選択肢であり、新しい時代にも生き残ってほしい日本車だ。

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ