高級版トヨタなんて言わせない!! 新型車続々投入で大攻勢をかけるレクサスの今

高級版トヨタなんて言わせない!! 新型車続々投入で大攻勢をかけるレクサスの今

 一時期はニューモデルの話がご無沙汰だったレクサスが、ここに来て大攻勢をかけてきた! 時代が平成から令和に変わり、日本で18年目を迎えたレクサスは成功したと言えるのか!? 改めて評価する。

※本稿は2023年6月のものです
文/ベストカー編集部、写真/LEXUS、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』2023年7月26日号

■日本での販売も好調! レクサスの今

4月にはLMが、さらに6月にはGX、TX、そして写真のLBXも公開された。2023年のレクサスは元気だ!
4月にはLMが、さらに6月にはGX、TX、そして写真のLBXも公開された。2023年のレクサスは元気だ!

 北米で開業してから約34年、欧州プレミアムブランドに対抗すべく、トヨタがレクサスブランドを日本でも開業したのが2005年。

 開設当初の約1年間は取り扱い車種がGS、IS、SCなど4車種のみだったが、いまや10車種まで増加。すでに日本投入が確定しているNEWモデルも含めれば13車種で、コンパクトSUVからラージサイズミニバンまでカバーする盤石な体制が整うことになる。

 売れゆきが伸び悩んだ時期もあったが、最近は好調を維持。経営状況もモデルも妙に元気なレクサスだが、現在の評価はどうなのか? さまざまな角度から、レクサスの「今」を検証していく!

(文/ベストカー編集部)

■新型車目白押し! 存在感は依然上昇中

旧型は海外市場でのみの販売だったフラッグシップMPV「LM」。新型は日本でも発売されるとあって、その注目度が高い
旧型は海外市場でのみの販売だったフラッグシップMPV「LM」。新型は日本でも発売されるとあって、その注目度が高い

 スピンドルグリルを大々的に採用するようになった2010年代半ば頃から、レクサスのデザインは飛躍的によくなったように思っている。

 SUVについて、日本国内向けは長らくRXのみだったが、ちょうどその頃にNXが加わるとともに、ほどなくフェイスリフトしたLXが日本に導入されて話題となった。さらにはUXも加わった。

 2021年秋にNX、2022年初にLX、同年秋にRXがモデルチェンジし、今年春には完全BEVのRZも加わった。なかにはバックオーダーでえらいことになっている車種もあるのはご存知のことだろう。

 かくしてレクサスはSUVが充実しているというイメージがつくようになった。人気カテゴリーであるSUVに強いことで、レクサス全体にも勢いがあるように見えるようになってきた。

 特に2023年になってから、SUVを中心に、SUV以外でもレクサスはニュースが目白押しだ。4月にはLMが、さらに6月にLBX、GX、TXが相次いで公開された。

次ページは : ■新型車の中でも特に注目は「LBX」

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!