マツダ渾身の「SKYACTIV-X」は時代の徒花だったのか!? 気になる「究極のガソリンエンジン」の今後

マツダ渾身の「SKYACTIV-X」は時代の徒花だったのか!? 気になる「究極のガソリンエンジン」の今後

 マツダ肝いりのディーゼルとガソリンのいいとこどりエンジン、「究極の内燃機関」とも言われたe-SKYACTIV-Xエンジンが2023年秋のCX-30改良から同車ラインナップからなくなり、マツダ3ファストバックのみに。今後の動向を占う!

文/国沢光宏、写真/ベストカー編集部

■究極のガソリンエンジンと言われた技術だったが……

2023年秋の一部改良でSKYACTIV-Xはマツダ3のファストバックのみになってしまっている
2023年秋の一部改良でSKYACTIV-Xはマツダ3のファストバックのみになってしまっている

 ロータリーエンジンを復活させてきたマツダながら、その一方で鳴り物入りの大アピールをしながら世に出したSKYACTIV-Xは搭載車が急減している。驚いたことにCX-30のSKYACTIV-Xもカタログから落ちてしまった。

 今や国内販売車だとマツダ3のファストバックモデルのみという状況。SKYACTIV-Xは今後どうなってしまうのだろう。予想してみた。

 まずはSKYACTIV-Xの”おさらい”からしてみたい。

究極の内燃機関として華々しくデビューしたSKYACTIV-Xエンジン
究極の内燃機関として華々しくデビューしたSKYACTIV-Xエンジン

 ガソリンを軽油のように着火させる「圧縮着火」という技術はピストンエンジンの究極と言われてきた。ガソリンエンジンながらディーゼルエンジンと同じくらいの燃費を追究できるためだ。世界中の自動車メーカーが開発していたものの、マツダを除き市販レベルに到達することはできず。といった点でロータリーと同じ。

 とはいえ市販型のSKYACTIV-Xは完全な圧縮着火ではなく、点火プラグも併用していた。加えてスーパーチャジャーを使ったり、小さいモーターのアシストも行ったりなどしていて複雑。

 当然ながらコストアップする要因が多く、市販されてみたらハイブリッドより圧倒的に高い価格設定になってしまう。この時点で私は「売れるワケない。もちろん推奨しない」と書いた。

■マツダの経営陣は自信たっぷりといった感じだったが……

SKYACTIV-Xにマツダ経営陣はかなりの自信を持っていたというのだが……
SKYACTIV-Xにマツダ経営陣はかなりの自信を持っていたというのだが……

 されど、マツダは相当な自信を持っていたようだ。このエンジンを開発した人見光夫さんや現在のCTOである廣瀬一郎さんに「価格が高いし、燃費の改善率で圧倒的にハイブリッドより低い。欧州の燃費基準もクリアできない」と言ったら、「そんなことない。売れる。欧州燃費基準だって対応可能」と口論になったほど。今回、復活したロータリーエンジンも同じようなことを言っていますが。

 実際、SKYACTIV-Xを激賞したジャーナリストは驚くほど多かった。特に発売前に欧州で行われた先行試乗会でハンドルを握った人たちの絶賛ぶりときたら、それはもう。

発売後も台数的には厳しい状況が続いていたSKYACTIV-X
発売後も台数的には厳しい状況が続いていたSKYACTIV-X

 もちろん今流行のステマじゃありません。皆さん、お金をもらうことなく褒めていた。よって素晴らしいエンジンだと期待して試乗したら、燃費は悪いワ、エンジンフィールは悪いワ、価格も高いワで売れると思えず。

 発売してみたらみごとに厳しかった。徹底的に売れない。マツダ3にしてもCX-30にしても、最初の数カ月を除き、一番売れた時で全販売台数の10%に達しなかった。直近だと5%以下。ユーザーから完全にソッポを向かれた格好だ。

 全国にたくさんいるだろうマツダファンも、私のSKYACTIV-Xの批判記事に猛反発したが、残念ながら買い支えしていない。ファンからも見放された。

次ページは : ■日本だけでなく欧州でも台数的には厳しく、北米は販売すらできず

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

かつてのABCトリオの一角、スズキカプチーノが復活する! これから5年のうちに登場するスポーツカー情報も満載【ベストカー6月26日号】

Rebirthスズキカプチーノ! 「注目新車三人が斬る」の人気企画だけでなく、今号は「あぶない刑事」のスペシャルインタビュー、そしてポスターも付属! ベストカー6月26日号