【タイプR スイスポ A110…】 走りのよさ? 楽しさ?? 「人馬一体感」ってなんなんだッ!!?

【タイプR スイスポ A110…】 走りのよさ? 楽しさ?? 「人馬一体感」ってなんなんだッ!!?

 運転していて楽しいクルマを指す際によくいわれる言葉「人馬一体感」。

 なんとなくイメージはできるが、ではどのような特性を持つクルマのことをいうのかと言われると、急にわからなくなる。

 そんな「人馬一体とはなにか」を検証すべく、エンジンパワーも駆動方式もバラバラの4台のクルマを用意。

 レーシングドライバーの山野哲也氏に試乗してもらい、氏の考える「人馬一体」観にもとづいて評価してもらった。「人馬一体」王に輝くのは、はたしてどのクルマなのか!?

※本稿は2019年4月のものです
文:ベストカー編集部/写真:平野 陽
初出:『ベストカー』 2019年5月10日号


■山野哲也の考える「人馬一体」。その考えに最も寄り添うのは……

ベストカー:まずは山野さんが考える「人馬一体」とはどういうものかを教えてください。

《山野哲也氏》全日本ジムカーナで前人未踏の100勝を達成したジムカーナキング。スーパーGT、GT300クラスでも3年連続チャンプとなった

山野哲也(以下、山野):イメージ的にはドライバーがクルマを運転しているという意識を忘れてしまえるくらいに、人間と一体化しているクルマ。もしくはその逆で、クルマの一部に人間がなってしまえるようなクルマですね。

 ドライバーが意識せずとも体が自然に動いて、その状況にふさわしい動作をする。クルマはその動作を反応の遅れや、ドライバーのイメージした動きとのズレなく走る。そういったことで人馬一体感というのが生まれると思います。

試乗の舞台は箱根ターンパイク。中高速コーナーが多いため、エンジンパワーもある程度あったほうが、気持ちよく走れる

■マツダ ロードスターRS(価格:325万6200円)

132ps/15.5kgmを発生する1.5Lエンジンのパワー不足が指摘されたが、乗り方さえ間違えなければいい仕事をする足回りもあって、ハンドリングは高評価を得た

ベストカー:今回用意したクルマを、今教えていただいた人馬一体観にもとづいて評価すると、どのようになりますか。

山野:まず最初に、今回の評価は今回試乗した条件の範囲に限定されることを言っておきます。気温は5~7℃、路面はウェットという状況は、特にタイヤには優しくない状況です。そういった条件下で考えた場合、ロードスターは少し厳しかったですね。

ベストカー:えっ!? 一番「人馬一体」を謳っている、マツダのクルマですよ?

山野:今回試乗したターンパイクの上りのようなシチュエーションでは、パワーが足りないんですよね。それはドライバーをワクワクさせる要因が、ひとつないということ。NAエンジンなので高回転域の伸びは気持ちいいですけども、やっぱりパワーはもう少し欲しいです。

ドライバーの意思が繋がったかのように動く。「人馬一体」はそういったクルマに感じられる

ベストカー:ではハンドリングは?

山野:タイヤの面圧をキレイにかけて走るのがいい、というのをクルマが伝えてきていますね。そうではない、ロードスターが得意ではないサスペンションの動かし方をすると、スナップするような動きとか、バイクでいうとハイサイドを起こすような動きが出てきます。

ベストカー:ダメですか。

山野:ダメじゃないんです。ロードスターの足回り、アームの作り方っていうのは、半端じゃなくお金がかかってて、モータースポーツシーンでは速い。ですからペダル操作による縦方向の動きと、ステアリングによる横方向の動きの連携とか配分を、ちゃんとタイヤが好むようにやってね、というのをクルマ側から伝えてきてるということですね。

●ロードスターRSの人馬一体度:70/100

次ページは : ■ホンダ シビックタイプR(価格:450万360円)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!