【視界やシートで激変!?】疲れない車 自動車メーカーが考える条件は??


 車を開発するうえで「疲れにくいこと」は鍵となる。疲れにくさを左右する要素は、多岐にわたる。では自動車メーカーは、新車を開発する際、どのような部分を重視しているのか?

 今回は、本田技術研究所の研究員さんへの取材により、疲れにくい車の条件をあげてもらった。特に疲れにくさを左右するのは、視界・シート・メーター類だという。

 自動車開発の最前線にいる、研究員の方の“考え”とは?

文:ベストカー編集部、国沢光宏
写真:Adobe Stock、HONDA
ベストカー 2019年6月10日号

視界「よく見えることで疲れを軽減」

疲れないクルマとは視界が開け、前がよく見える車の条件だという。写真はフリードの前方視界

 運転席の空間は、人が落ち着くバランスに形成され、保たれています。

 座った位置からステアリング、ペダル、ボタン類などを操作しやすくしていますけど(体格差や国による地域差も考慮)、「疲れない」ことを大前提に開発しています。

 それとともに重要なのが視界。前が見づらいことはストレスにつながりますから。

 私たちが研究しているのは、フリードのような「明るく、爽快な視界」。運転席からの見上げ角度が広がり、はっきり見える前方視界に。形状を最適化したAピラーや三角窓が要因で、これにより快適な運転ができ、疲れることはありません。

 また、ボンネットが見える、ということも疲れない要素になります。取り回しのよさにつながり、駐車場で停める際も見えたほうが不安材料が取り除かれ、疲れませんよね。

「見える」と先ほどから言ってますけれど、いい視界により「認知する」が生まれます。見えると認知するは違いますから。

 クルマは「認知→判断→操作」で動くので、最初の認知がスムーズだと快適になり、疲れないクルマになります(もちろん後方視界についても同じ)。

 その認知の前に「予測」があり、自分の予測どおりにクルマが動けば快適ですよね。それも「爽快な視界」があればこそ、です。

(村上誠人 研究員)

シート「自然と顔が前を向く形状に」

【図1】ホンダが提唱する「疲れにくいシート」の考え方の一例。シートの快適さは座り心地だけでなく、操作しやすさからもきている

 疲れにくさ=快適さに大きく関わるのがシートです。

 【図1】の左上部分にもありますが、「疲れにくいシート」とは自然に運転姿勢をとることができ、ドライバーの体に優しい支え方をするシートです。

 極端なピンポイント(体の一部)ではなく、体全体を優しく支えるのが疲れにくいシートであり、理想のシートといえるでしょう。

 体幹を安定させるのもドライバーを疲れさせない、いいシートの条件。腰から太ももにかけての体幹を安定させるわけですが、その太ももの裏側は神経が多いので、50〜60代からは特に長時間運転には注意が必要です。

 というのも、右足はペダル操作を頻繁にするのであまり問題はないけど、ずっとシートに置いている左足がポイント。シートからの圧迫により足のしびれの症状が出ることも。そのために座面の前部の形状を工夫するなどしています。これにより疲れも軽減されますね。

 また、運転中はつい前かがみになり、顔が下を向きがち。危険ですし疲れます。その対策として、顔が自然と前を向くような背面のつくりへとしています。

 シートの素材としては、すべらず、摩擦がある程度発生する素材がいい。乗っている人を安定させるから。つまり疲れないということ。本革より布のほうがいいと思います。

(櫻井篤実 研究員)

次ページは : メーター類「優しい見え方にこだわり」

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ