ランクルの代役はレンジローバー!? 未だ続く納期長期化……納期の早い魅力的な代役車たち

ランクルの代役はレンジローバー!? 未だ続く納期長期化……納期の早い魅力的な代役車たち

 半導体不足も収束しつつあるというのに、いまだ、納期があまりにも長いクルマが存在する! 趣味車ならともかく、実用車を買うのに1年も2年も待ってられるか! それ以上ならもっと納期の短い、ほかのクルマを選んでみては?

※本稿は2023年10月のものです
文/清水草一、写真/ベストカー編集部
初出:『ベストカー』2023年11月26日号

■昔は長納期なんて滅多に無かった!!

日産 フェアレディZは長納期を通り過ぎ、受注を一時停止している状態だ
日産 フェアレディZは長納期を通り過ぎ、受注を一時停止している状態だ

 昔は納期が長い国産車なんてなかった。限定モデルじゃないかぎり、メーカーは多数の受注が入れば即座に増産で対応し、お客様をあまりお待たせしなかった。

 納期が1年以上なんてのは異常な世界で、フェラーリやポルシェなど、ごく一部の高価で特殊なクルマに限られていた。

 ところが現在、その「異常」が普通になっている。納期が一番長いのは国産車! 1年待ちはアタリマエ。欲しくても買えないクルマすら、たくさんある。

 なかには待てば待つほど納車のヨロコビが大きいと感じる、気の長い人もいるだろう。でも、せっかちさんには、1年待ちなんて耐えられない!

 ましてや5年待ちなんて、待ってる間に死んじゃうかもしれない! そんなクルマのことは忘れて、納期優先でクルマを選ぼうぜ!

 世の中には星の数ほど女がいると誰かが言ったが、クルマの種類だって星の数ほどある! フラれたら即座に諦めて次行こう! 善は急げ!

■ランクル300&レクサスLXの代役は!?

事前予約で5年分が売り切れて受注停止中。国内販売分を増やしたことやキャンセルの増加で、状況はやや好転しているが
事前予約で5年分が売り切れて受注停止中。国内販売分を増やしたことやキャンセルの増加で、状況はやや好転しているが

 納期の長い国産車のチャンピオンが、レクサスLX600&ランクル300の兄弟だ。納車待ちどころか受注は止まったまま。再開の見通しは立っていない。市況の緩みで中古車相場はかなり下落したが、それでも新車価格を上回っている。

 まっとうな代役は、ディフェンダーかレンジローバーだ。どっちも猛烈にカッコいいし、走りもいい。

 究極のオフロード性能では負けるかもしれないが、国内では関係ない。レンジローバーの新車は少々お高いが、先代の中古なら500万円前後から手に入る。

国産唯一にして最後のV12エンジン搭載モデル。電気モーターのような回転フィールは「謙譲のV12」として世界的に名高い
国産唯一にして最後のV12エンジン搭載モデル。電気モーターのような回転フィールは「謙譲のV12」として世界的に名高い

 でも、意外性の選択で、中古の先代センチュリーに行ってみるのはどうか? プレゼンス性はLXやランクルにも絶対負けない。なにしろ5LのV12を積んだ帝王だ。それが500万円くらいのお手頃価格で手に入る。ワクワクするじゃないか!

次ページは : ■アルファード&ヴェルファイアの代役は!?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

GR86の4ドアモデル、出る!! 三菱トライトンを雪上初テスト! 注目情報を満タンでお届け「ベストカー3月10日号」

新型スズキスイフト、レクサスLBXなど注目の新型車が続々登場! 「ベストカー3月10日号」! 今年も名物企画「雪上テスト」開催! 三菱トライトンの実力をいち早く丸裸にしたぞ!