ルーミー突然の生産終了……プロボックス増産NG!? 認証不正の余波か!? ダイハツ製トヨタ車が続々受注停止の謎

■心配の声多数……ダイハツよ、元気を取り戻せ!

2023年5月に衝突試験の不正が発覚して以来出荷停止が続いているライズ・ロッキーのハイブリッド車。売れるクルマなだけに非常に痛手だ
2023年5月に衝突試験の不正が発覚して以来出荷停止が続いているライズ・ロッキーのハイブリッド車。売れるクルマなだけに非常に痛手だ

 長いトンネルに入ってしまったロッキー・ライズの不正認証問題。2023年にはムーヴやトールのモデルチェンジも控えていたはずなのだが、新型車発表も延期に次ぐ延期となった。

 問題解決への糸口が見えない現状を打破するためなのか、トヨタがダイハツ生産の車両から、一時的に手を引こうとする動きが垣間見える。

 11月に入り、矢継ぎ早に流れてきたルーミー・ピクシス・プロボックスのオーダーストップ。販売店では冷静な対応が続けられているが、現場のスタッフからは「ダイハツは大丈夫だろうか」と心配する声も聞こえてくる。

 ダイハツの販売現場では、新型モデルが待てど暮らせど登場しないこの状況に、焦りの色も見え始めた。

 乗換えの計画を立てていた顧客と商談が進まない状況が続き、長年かけて築き上げてきた信頼関係も、揺らぎ始めているという。

 トヨタが完全子会社化したダイハツのOEM販売から、完全撤退することは無いと思うが、少なくともダイハツがトンネルを抜け出すまで、トヨタ販売店におけるダイハツOEMは「無いもの」とするほかないだろう。

 トヨタとしては早期に手を打ち、販売現場の混乱を最小限に抑えたいところだ。

 しかし、トヨタ・ダイハツ販売店にとって、ルーミー・トールとライズ・ロッキーは、納期が短く売れるクルマだっただけに、注文停止の打撃は大きい。

 さらに注文取消の事態を起こしたロッキー・ライズでの対応を、両社の販売現場はかなり重く見ている。

 不正認証問題の解決と、各車の生産スケジュール確保が急務となったダイハツ。タントを筆頭とした存在意義の大きいクルマが多いだけに、影響の長期化は残念の一言。

 だがユーザーは、元気なダイハツの姿をもう一度見たいのだ。早期の信頼回復と巻き返しに期待したい。

【画像ギャラリー】続々とオーダー打ち切りの怪……ダイハツが生産するトヨタブランドのクルマたち(15枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!