ルーミー突然の生産終了……プロボックス増産NG!? 認証不正の余波か!? ダイハツ製トヨタ車が続々受注停止の謎

ルーミー突然の生産終了……プロボックス増産NG!? 認証不正の余波か!? ダイハツ製トヨタ車が続々受注停止の謎

 ダイハツで発生した不正認証問題は、2023年5月19日にダイハツロッキーとトヨタライズを出荷停止に追い込み、数万台規模の注文取消にまで発展している。ダイハツの動きが止まってしまった中、トヨタの新車OEM供給体制に動きがあった。この後、ダイハツは一体どうなってしまうのか!?

文/ジョー城ヶ崎、写真/トヨタ

【画像ギャラリー】続々とオーダー打ち切りの怪……ダイハツが生産するトヨタブランドのクルマたち(15枚)画像ギャラリー

■ルーミー突然の生産終了!?

近く生産終了を迎えるというルーミー。次期型の投入時期が明言されていないタイミングでの生産終了とは一体……?
近く生産終了を迎えるというルーミー。次期型の投入時期が明言されていないタイミングでの生産終了とは一体……?

 現在トヨタが、ダイハツからOEM(もしくは共同開発)を受けて販売している車種は6車種ある。

 驚異的な販売台数を誇るルーミー、大人気だったライズの登録車2台と、コペンGR SPORT、ピクシスエポック・トラック・バンの軽自動車4台だ。

 特にライズとルーミーは、トヨタでも主力を張れるほど売れていた。

 しかしライズの不正認証問題が発覚してから、ルーミーも一時出荷停止を余儀なくされる。

 その後、ルーミーだけは生産を再開したのだが、つい最近になって現行型ルーミーが生産終了を迎えると、複数のトヨタディーラーから情報を得た。

 この生産終了を次期型へ向けた準備と捉える動きもあるが、打ち切りと表現する店も少なくない。

 次期型の登場時期は、現段階でトヨタ販売店に通知されておらず、現行型終了から新型登場までは、かなり間が空きそうだ。

 2023年6月にはピクシスジョイ、9月にはパッソが生産終了を迎えた。今回のルーミーに加えて、ピクシスバンとピクシストラックも、現行型オーダーを終了している。

 ドミノ式にオーダーを打ち切り始めたダイハツOEM車種群。何か嫌な予感がする。

 コペンGRとピクシスエポックは辛うじて残っているものの、その先行きは不透明。ダイハツOEMが、トヨタラインナップから消滅するというシナリオも、現実味を帯びてきた。

■売りたいプロボックスの増産まさかのNG⁉

 ダイハツで生産を請け負うトヨタ車にも、心配な動きがある。

 現在、ダイハツ工業の工場で生産されているのは、ルーミー・ライズ・ピクシスシリーズ・コペンのOEM車と、プロボックス・タウンエースのトヨタビジネスカーだ。既にタウンエースはトヨタディーラーで注文受付ができなくなっている。

 加えて、生産が順調とは言いがたいのがプロボックスだ。

 全国のトヨタディーラーからは、プロボックスの増産要請が今年の10月に出されている。その回答が11月中旬に届いたのだが、気になる答えは、調整がつかずの「増産NG」だった。

 ハイエースとともに、トヨタ販売店の法人需要を支えるプロボックスへ突き付けられた、まさかのNG対応。トヨタディーラーも、これには驚きを隠せない。

 幸いにもプロボックスに関しては、次期型の予定が既に組まれているという。改良型の登場は24年3月頃だ。しかし、数か月間プロボックスの販売ができないのは痛い。販売現場では、急ぎ対応を続けている。

次ページは : ■心配の声多数……ダイハツよ、元気を取り戻せ!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します