【どこについている? 誤差はないのか?】クルマの外気温計の謎

 酷暑のなか、ふとメーター内の外気温計の表示を見ると、その日の最高気温は35度なのに、40度、42度とか表示されていることがありませんか? こんなに気温が高いワケがないと疑問に感じることもあるでしょう。

 そこで、そもそもクルマに付いている外気温計はどこについているのでしょうか? どれくらい誤差があるのでしょうか? 

 またメーカーによって取り付け場所が違うのでしょうか? そんなクルマの外気温計の謎についてモータージャーナリストの岩尾信哉さんが解説します。

文/岩尾信哉
写真/ベストカー編集部 ベストカーWEB編集部


外気温センサーの取り付け位置はフロントバンパー開口部の裏側が定位置

プリウスの外気温センサーはちょうどナンバープレートの後ろ、バンパーの内側あたり、地上から約30cm付近に取り付けられている

 まずは、外気温を測る外気温センサーがどこに装着されているのかを確認してみよう。対象モデルとしてとり上げたのは、販売上位に位置するモデルたち。トヨタや日産、軽自動車を含めたホンダ、スズキ、ダイハツの売れ筋車種について、外気温センサーの取り付け位置について各メーカーに問い合わせてみた。

 まずはトヨタだが、売れ筋のプリウス、アクア、シエンタについて回答が得られた。

 フロントグリルの外周部の向かって右下橋、ラジエター下端の高さに地面から約30cmの高さに装着されていることになる。

 プリウスとアクアがほぼ同じ配置となるのは、エンジンルーム周りの部品の共通化がからむ話だろう。

 シエンタでもフロントグリルの向かって右側下部に設置されている。トヨタ車の場合は、セダン、ハイブリッド、SUVなどでも車種ごとの取り付け位置に大きな違いはなく、基本的にフロントグリル周りの内側、ラジエターとの間に取り付けられているようだ。

 日産でも同様に乗用車のノート、セレナ、軽自動車のデイズも共通して、フロントバンパー開口部裏にあるとのこと。

バンパーの右、内側あたりに取り付けられているノートの外気温センサー

「エンジンルームに近い場所なので、エンジンからの熱の影響を受けそうですが、走行中など充分に外気がセンサー周辺に当たるように設置して、外気温度をセンシングします。アイドリング中に熱などにより数値を大きく変動させないように制御しています」との説明を受けた。

 このように外気温センサーの取り付け位置に関しては、ホンダのフリードや軽自動車のN-BOXについてはフロントバンパー付近とされ、スズキのワゴンRではフロントバンパー裏側とラジエターとの間、助手席寄りの位置に装着。

 ダイハツのタント、ムーヴもフロントバンパー/グリル裏に装着され「覗き込めば確認できる位置にある」とのことと、ほぼ日本車については共通といえる。

 では、輸入車ではどうか? フォルクスワーゲンでは外気温センサーを車体のどこに取り付けているか訊ねると、「基本的に全車、フロントバンパーの裏側部分に外気温センサーを装着している」と同様の回答だった。

 ちなみに、冬場の低温時の機能についても訊いてみた。不思議だが、個人的にVWの各車で厳冬の季節にVWの路面の凍結注意の警告表示(音)に接する機会が多いという実感があったからだ。

 回答としては、「冬季に限らず、外気温が下がって4度になった時点で警告音を発し、アラート表示(車種によって異なる)するなど、路面凍結等の危険性をドライバーに伝える」とのことだった。

 ちなみに、警報音は外気温度が下がる場合に発せられ、たとえば0度から温度が上昇し、4度になった場合には作動しないとされている。

気温度計とクルマの外気温計の誤差はどれくらいある?

ボンネットの温度を測ると81.0度に達していた
クルマの外気温計を見ると40.0度。照り返しの強いアスファルトではやや高めに出てしまう

 実際にどれくらい誤差が出るのか? 気象庁発表の東京の最高気温が35.2度だった8月18日、天候は晴れ、時折雲で陰るような状況。東京都港区の駐車場の気温は38.8度、昼の12時から約2時間駐車した14時に測ってみた。

 駐車場はアスファルトで、黒いボディカラーのボンネットの上で手に持った温度計で測ると、81度に達した。クルマの外気温計を見るとなんと40度を指していた。

 照り返しの強いアスファルトの駐車場だったので誤差が出たのは致し方ないところか。炎天下の渋滞時などもエアコンやエンジンの熱気でやや高めになるが、ある程度速度が出て風がセンサーに当たる状況になると差は少なくなる。

 外気温センサーの設置場所は、概してエンジンやエアコン循環部から放熱を受けにくく、太陽光が直接当たることのないような、フロントバンパーの内側(裏側)がほとんどで、フロントグリル内に設置している車種も多い。

 高さについては、地面からの熱が届きにくく、走行風を適切に受けられる位置に、設計上センサーの配線が容易な箇所で、地面から約30cm上方(ヘッドライト位置が目安)に設置されることが多い。

 走行風を確実に得ることも外気温を正確に計測するうえでは重要だ。あまり低い場所に設置すると路面からの熱の影響を受けやすくなるので、できるだけ高い位置、たとえばヘッドライトの高さに近いような箇所に設置されている。

 結果的には、外気温センサーは各社ほぼ同じ位置に取り付けられていたのだが、むろんそれには理由がある。

 気温という様々に変化するものに対して、確実に計測するために取り付け位置を設置環境を入念に吟味していけば、自然と各社一致することになるわけだ。ただ影響を受けないような場所に設置していても今回のテストのように誤差は出てしまうのは致し方ないところ。

 ちなみに、一部の輸入車ではフロントのホイールハウス内やドアミラーの目立たぬ箇所に設置されている場合もあるようだがあくまで例外的といえる。

外気温を車内にどう伝える?

 では、外気温センサーから得られたデータは、どのように車内(の表示)に伝えられているのだろうか。外気温センサーの機能部品としての成り立ちについて補足しておけば、外気温の変化を“サーミスター”と呼ばれる電子機器を利用している。

 わずかな温度の変化によって電気抵抗が変わるという半導体の性質を利用した素子で、温度/電力を測定する自動制御回路などに用いられている。

 自動車に使用されるサーミスターには「NTC」(Negative Temperature Coefficient)サーミスターと呼ばれる。温度が上昇すると抵抗値が下がり、温度と抵抗値の変化がほぼ等しいので温度センサーに使用される。

 ほかにもPTC(Positive Temperature Coefficient)サーミスター」は、ある温度に達すると急激に抵抗値が上昇するため、温度上昇を検知するセンサーとして使われる。車内の表示機器は外気温センサーに備わるNTCサーミスターから流入する電流を測定し、外気温として表示するというわけだ。 

温度の誤差に一喜一憂しないほうがいい

 室内に表示される外気温計は、クルマが置かれた状況によって刻々と変化する。長時間高速道路を走り続けていれば温度は下がり、アスファルトの照り返しが激しい駐車場に長時間駐車すれば、温度も上がってしまう傾向にある。

 その場の気温と、プラスマイナス3度くらいの誤差が出るのはあまり気にしないほうがいいだろう。ただ、5度以上など大幅にズレている場合はセンサー不良の可能性があるので、チェックしてほしい。

最新号

ベストカー最新号

トヨタ&スバル共同開発!! ウルトラAWD車が登場? |ベストカー11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルの新業務資本提携で生まれるウルトラ4WDの重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか東京モーターショー2019に出展される日本&am…

カタログ