【スイフト、ヴィッツ…】安くて軽くてパワーある中古スポーティ車 8選


 200ps、300psなんか出ていなくても痛快な走りが楽しめるクルマがある。そう、アンダーパワーなんだけど、軽くて、そのパワーを使い切れるスポーティなクルマだ。

 しょせん、ハイパワー車は使い切れないのだから、こっちのほうがいいではないか!

 とはいえ、新車は高くて手が出ない。そんな人のために、中古車で選ぶ、アンダーパワーだけど、パワーが使いきれる中古スポーティ車を選んでみた。

文/萩原文博
写真/ベストカー編集部 ベストカーWEB編集部

(画像ギャラリー)アンダーパワーだけどパワーが使い切れる中古スポーティ車8選


ハイパワー車は使い切れない!

 日本が誇るスーパースポーツカー、日産GT-Rの最高出力は標準モデルで570ps、ニスモでは600psに達しており、平成初期の280ps規制が懐かしく感じる時代となった。

 そんなハイパワー化が進むなか、先日、とある自動車メーカーの有名な商品企画担当者から興味深い話を聞いた。

 「最高出力が向上したとして、それを使い切れないのならばドライバーは運転を楽しむことはできないだろう。それならば、それほどパワーは高くはないが、全開まで使い切れるほうがよっぽど運転を楽しむことができる」ということだった。

 そこで、今回はアンダーパワーなんだけどパワーを使い切れるクルマということで、ボクなりに考えてみた。

 懐に優しいことを考えて予算150万円以下、痛快な走りが楽しむならMT車という条件を加えて選ぼうと思う。

トヨタヴィッツ1.5RS G’s

中古車相場/約70万~約160万円

コイルスプリングやショックアブソーバーに専用チューニングを施したサスペンションを採用。さらにパフォーマンスロッドの採用や溶接スポット点数の追加によりボディ剛性を向上させるとともに、床下気流を整流化し優れた操縦性を実現する空力パーツを各所に配したほか、高剛性かつ軽量の専用17インチアルミホイール、高性能タイヤを採用することで、リニアな操舵フィーリングを実現

 まずは、WRCで大活躍しているヤリス、日本名ヴィッツの1.5RS G’sを取り上げる。

 ヴィッツ1.5RS G’sは2011年10月に登場。最高出力109psを発生する1.5L直4DOHCエンジンに5速MTを搭載。

 GAZOOレーシングのテストドライバーがチューニングし、専用チューンを施したサスペンションをはじめ、パフォーマンスロッドの採用や溶接スポット点数の追加などによりボディ剛性を向上させたモデル。さらに床下気流を整流化し、優れた操縦性を発揮する。

 現在、ヴィッツ1.5RS G’sのMT車の中古車の価格帯は約70万~約160万円で流通台数の26台のうち25台が150万円以下で狙えるようになっている。平均価格の推移は台数が少ないこともあり上下の変動が激しくなっている。

ヴィッツRS G’sの中古車はこちらをクリック!

次ページは : 日産マーチ12SR