【スイフト、ヴィッツ…】安くて軽くてパワーある中古スポーティ車 8選


先代スズキスイフトスポーツ

中古車相場:約35万~約190万円

現行スイフトスポーツは1.4Lターボだが、先代スポーツはNAの1.6L。アクセルに敏感に反応する感覚や自然な回転フィールのNAのほうがいいという人も多い

 先代のスイフトスポーツを取り上げる。現行型は1.4Lターボエンジンとなっているが、先代は最高出力136psを発生する1.6L直4自然吸気エンジン+6速MTというパワートレインを採用しレッドゾーンまで回す楽しさを味わえる。

 2011年11月に登場した先代スイフトスポーツは可変吸気システムをはじめ様々な専用チューニングを施した1.6Lエンジン、旋回時の安定性を高めた専用設計のリアサスペンション、大径ブレーキと17インチホイールなどにより走りに磨きを掛けたモデルだ。

 現在、先代スイフトスポーツの6速MT車の中古車は239台流通しており、価格帯は約35万~約190万円。中古車の平均価格は順調に値落ちしていて、MT車の入門車として打って付けのモデルといえる。

スイフトスポーツの中古車はこちらをクリック!

トヨタMR-S

中古車相場/20万~348万円

軽量ミドシップスポーツとしての存在は貴重だ。流通台数が豊富で狙いやすい

 これまではハッチバック系の車種が中心だったが、2シーターオープンカーのトヨタMR-Sも忘れちゃいけない。

 MR-Sの販売期間は1999年~2007年ですでに生産終了から12年が経過している。最高出力140psを発生する1.8L直4自然吸気エンジンを運転席後方に搭載し、ミッドシップ特有のクイックなハンドリングが特徴だ。

 現在、MR-Sの中古車は176台流通していて、そのうち96台が6速MT車となっている。

 価格帯は20万~348万円と非常に幅広くなっているが、88台は150万円以下で購入可能だ。

 すでに10年以上前に生産終了したMR-Sの平均価格は3カ月前が約64万円で現在は約69万円まで上昇中。今後は絶版車人気により、もう少し値上がりしそうだ。

今は値ごろ感があるが今後値が上がるかもしれない
MR-Sの中古車はこちらをクリック!

次ページは : 先代VWポロGTI

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ