ヤリス スイスポ インプ 安くて楽しくて日常使いもイケる!! 万能国産FFスポーツ 13選

ヤリス スイスポ インプ 安くて楽しくて日常使いもイケる!! 万能国産FFスポーツ 13選

 ほかの駆動方式に比べて必要となる部品点数が少なく、製造コストを抑えることができるFF。

 かつてはその引き換えとして、運転の楽しさや安定性などで劣るなどと言われたが、近年は技術の進歩もあり、その見解はすでに過去のものとなっている。

 走って楽しく、そして安価。そんなFFスポーツこそ、多くのユーザーが求めるもの。ベストカーイチオシの国産FFスポーツ13台をドドドッとご紹介!

※本稿は2021年3月のものです
文/松田秀士、国沢光宏、鈴木直也 写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』 2021年3月26日号

【画像ギャラリー】各モデル項目別採点表 追加情報も掲載! オススメ国産FFスポーツ13台をギャラリーで見る


■日本FFスポーツ分布図

 現在、日本で買えるFFスポーツを、そのキャラクターがわかるように示した分布図が下の図だ。

 よりわかりやすくするため、現在購入できなくなってしまったシビックタイプRも図に加えている。

国産FFスポーツ分布図
国産FFスポーツ分布図

 車種ごとに紹介している性能評価表と併せてご覧いただければ、より理解が深まるので、おすすめです。

昨年(2020年)10月のマイチェン後、あっという間に市場から姿を消したシビックタイプR。日本の硬派FFスポーツの代表格だ
昨年(2020年)10月のマイチェン後、あっという間に市場から姿を消したシビックタイプR。日本の硬派FFスポーツの代表格だ

■トヨタ GRヤリス RS(265万円)

 ポルシェ911(964)時代にあったターボルックを連想した。悪く言えば「狼の皮を被った羊」? ミッションもCVTだけどパドルを操作すれば10段シフトで、街中でも充分にスポーツできる。

 1.6Lエンジンは自然吸気3気筒でパワーは期待できません。でもサスやボディはモノホンGRヤリスのDNA持ち。だから誰でもエンジンパワー使い切れる感がちょっと嬉しい。そしてインテリアもしっかりGRしていて気分ヨシ。なんといっても100万円安いし!

トヨタ GRヤリス RS(265万円)
トヨタ GRヤリス RS(265万円)

●全長3995×全幅1805×全高1455mm ●車両重量:1130kg ●エンジン:直3、1.5L NA ●出力:120ps/14.8kgm ●CVT

■トヨタ アクアGR SPORT(244万900~261万300円)

 アクアに乗るたび「もっとボディがシャキッとしていれば……」。そんな不満を解消してくれたのがGR。

 ドア周りほかにスポット溶接を10点追加し、ボディ補強メンバーもサス支持部やボディに追加(17インチパッケージ)。

 このボディを生かすスプリング&ダンパーチューン。ハンドリングが生まれ変わった。

トヨタ アクアGR SPORT(244万900~261万300円)
トヨタ アクアGR SPORT(244万900~261万300円)

●全長4070×全幅1695×全高1455mm ●車両重量:1100kg ●パワーユニット:直4、1.5L+モーター ●システム出力:100ps ●電気式無段変速

次ページは : ■トヨタ カローラスポーツ 1.2ターボ(216万9000~256万6000円)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ