【正しく恐れよ】高速道路の合流が怖い人がやるべきこと


「一回だけしか教習でやっていないし、その時も教官に言われるがままにアクセル踏んだだけだし…」

 こうした運転初心者のみならず、一般的なドライバーでも「苦手だ」と感じる人が多い、高速道路本線への合流。一瞬の判断の間違いが事故に繋がりかねないだけに、慎重にならざるをえませんが、しかし慎重になりすぎていては、いつまでも合流できないだけでなく、かえって事故を招く結果にもなります。

「そんなこと、今さら聞かなくても大丈夫だよ」とは言わず、高速道路での運転に慣れていない友人や、免許取りたての子供の横で、「適格にアドバイスができるか」という視点で、今一度、見直してみましょう。
文:吉川賢一 写真:Adobe Stock


■高速道路本線へ上手く合流する方法

 本線への合流は加速車線の範囲内で行う必要があり、ある程度の「感覚」が必要ではあります。

 合流の際の手順としては、

(1)加速車線に繋がる手前の誘導路(ぐるっと曲がっているような部分)で、自車の前方を確認します。このとき、前走車がいたら、十分に車間距離をとっておきます。これが意外と重要。このあと加速をするための”滑走路“を用意するのです。

(2)加速車線の少し手前でウインカーを出し、同時に合流する本線の状況をチェックします。本線を走るクルマと同じか、それ以上の速度まで加速をしながら、ドアミラーで本線を走っているクルマの動きを見て「あのクルマの後ろに入ろう」と目標を決めます。「後ろに入る」がポイント。「追われる」より「追う」ほうが心理的にも楽です。

(3)目標としたクルマの斜め後方につけるよう、速度を調節します。

(4)ルームミラーで自車の後続車の動きを確認(自車よりも先に本線に入る可能性もあるため)、ドアミラーで本線の後続車との車間距離を確認し、目視で死角の安全確認をしてから、ゆっくりとハンドルを操作します。

高速道路の合流のための誘導路は、長く確保されている場合もあれば、首都高速環状線のように短い場合もある。そうしたときに焦ってしまう気持ちはすごくよくわかる

■高速道路への合流が怖いと感じる人がやるべきこと

 合流に慣れないうちは、合流の際に「本線の後続車とぶつかったらどうしよう」と不安になるかと思います。前述したように、自分の横(本線)を通り過ぎていったクルマを追いかけるイメージで合流すると、恐怖は少なくなります。意識は後方でなく、前方の車に集中するからです。もちろん、安全確認は十分に行ったうえで、合流してください。

次ページは : ■高速道路の合流でやってはいけないこと

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ