ハザードランプやスタートスイッチの場所が統一されていない理由と事情


 レンタカーや友人のクルマを借りた際、「スタートスイッチ」や「ハザードランプスイッチ」がどこにあるか分からず、困ったことはありませんか。

 現在、販売されているクルマは、これらのスイッチの位置が(たとえ同じメーカーでも)クルマごとに微妙に違い、いろいろなクルマに試乗させていただく機会がある筆者は、とっさにわからずに困った経験が幾度もあります。

 だいたいの位置が固定されているペダルやシフトノブと違って、「スタートスイッチ」や「ハザードランプスイッチ」は、なぜクルマによって場所が大きく違うのでしょうか。使い慣れた場所にないと、咄嗟の時に困ることもあるのではないか。そんな事情と理由を解説します。
文:吉川賢一 写真:AdobeStock


■ハザードランプスイッチがクルマによって位置が異なる理由

 一般的に、乗用車のスイッチ類のレイアウトは、ドライバーが正しいドライビングポジションを取った状態で、安定して操作ができるよう、運転時に必ず使うペダルやシフトノブ、ヘッドライト、ウインカーレバー、ワイパーレバー、エアコンスイッチ、ナビゲーションのスイッチなどをレイアウトした上で、残った位置にハザード等のスイッチを配置していきます。

 もちろん、ハザードスイッチも操作性を考慮し、インストルメントパネルの中央付近に配置されることが多いのですが、あくまでレイアウトの優先は「使う頻度が多い」スイッチのため、その位置を固定することは難しいのです。

まさかの「後回しなので」という理由。確かに操作する機会は(アクセルペダルやシフトノブに比べると)少ないかもしれないが、しかしかなり重要なスイッチだと思うのだけど……

 さらには、インテリアのデザイン要件によっても、ハザードスイッチといったその他のスイッチの位置決定は、後回しにされることが多く、実際に、メーカーが開発初期に作成するコンセプトイラストには、ハザードスイッチの位置は描かれていません。

 そのため、たとえ同じメーカーのクルマであってもハザードスイッチの定位置を決めることはできず、その結果、クルマによって違う位置にレイアウトされてしまうのです。

■たくさん使うモデルには使いやすい位置に

 これは余談ですが、日常でもっともハザードランプを点灯するクルマと言えば「タクシー」ではないでしょうか。タクシーによく使われるトヨタコンフォートは、ウインカーレバーの先端を押すとハザードランプが点滅します。

 また、最近増えてきたトヨタのジャパンタクシーは、ステアリングの右側にハザードスイッチが付いています。お客様の乗り降りの際などで頻繁に使用するスイッチを、ステアリングから手を離さずに操作できる工夫がなされています。

次ページは : ■スタートスイッチがクルマによって異なるわけ

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ