【新型ヤリス超辛口試乗】トヨタの「本気」は世界一のコンパクトカーに届いたか?

 トヨタのコンパクトカーとして日本では20年間、3世代続いたヴィッツが、車名を「ヤリス」に変えて2019年12月20日に発表され、2020年2月10日に発売となった。

 実はコロナウィリスの影響で2020年2月下旬に新型ヤリスの試乗会が行われる予定だったが、ようやく試乗・撮影できる機会を得た。

 先代のヴィッツは、モデル末期となった2019年も、国内新車販売台数にて8万1554台を誇り、登録車販売台数ランキングも10位を獲得するなど、まさに日本を代表するコンパクトカーだった。

 欧州市場でも評価が高く、ヤリス(日本名:ヴィッツ)は、2019年、欧州Bセグメントにおいて、販売台数6位と健闘している。

 欧州市場で使われてきたヤリスの名称を日本でも使うことにしたということは、グローバルモデルとして戦う覚悟をしたということだろう。

 はたして、新型ヤリスは世界のコンパクトカーのベンチマークとなりうるのか? 今回は1.5LハイブリッドのヤリスハイブリッドZを徹底試乗!

 さて、元日産の新車開発エンジニアでモータージャーナリストの吉川賢一氏はどんな評価をくだすのか?

※本企画は、本文&写真のほか、動画もご覧ください。

文/自動車ジャーナリスト 吉川賢一
写真/平野学
動画/豊国印刷・川本直人 廣田智大

新型ヤリスの動画はこちら!

【画像ギャラリー】新型ヤリスは世界のベンチマークとなりえるか詳細写真


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ